「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎一年生きても、百年生きても◎

神から人へ。神から人へ、教えしことのは。文字と光と力と業(わざ)を、 人は残らず果たすが大事。人の思いのつまらぬ葛藤、くだらぬ詮索、 疑い、迷い、全ては人の汚れと曇り。神のことばを聞く耳あらば、 人は迷わず導かれゆけ。神のことばの変わらぬ意味を…

神から人へ ◎神と仏の違いについて◎

神から人へ、人から神へ。 神の願いの一部なりとも、人の叶えてゆく年月を、 いつしか必ず日は満ちて、神の願いも実現せんを。 さにて本日そなたの問いは。 (神様に感謝し、仏様に感謝せよとのおことばがありますが、 仏様とはどのようなお役の方なのでしょ…

巫女より◎人間とは・最後の審判・次元上昇とは◎

人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きるこの世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器をお借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、原因結果の法則で支配されていますの…

神から人へ ◎人間の結婚・子育てについて◎

(人間の結婚とは、いかなる意味があるのでしょうか。) 結婚なるは、一人の者が、一人でなせぬ向上のため、 二人で共に成長せんと、自ら選びし相手と共に、 さらに大きな気づきを得、悟りを得るため、成すものなり。 なれば、結婚により、未熟な面を成長さ…

神から人へ◎物質と金銭への執着を取れ◎

神から人へ。人から神へ。 互いの交信交流も、やがては全ての人々と、心を通じ、 魂にて、必ずつながり、結ばれなん。 その日、神との交信は、魂浄めし、高次の者なら、 よく伝わらん。交わらん。 なれど濁れる魂ならば、伝えることも伝わらず、 ただに空し…

神から人へ ◎天変地異・火と水の浄化について◎

(天変地異・自然災害について) 神から人へ、人から神へ。 大きな犠牲と傷跡残し、世界を狂わす自然災害。 その奥にある神のご意図は、全てが地球の浄化の ためと、次なる世界の立て直しの、速やかにして 滞りなく、新たな御世へと移行するよう、 不要なる…

神様の警鐘◎日本の地形・人も自然も元ある姿へ ◎

(人も自然も元ある姿へ) この日本の地形には特別な意味ありなん。四方を海に囲まれ、 山があり、川があり、湖があり。さにて豊かなる水と食に恵まれ、 独特の民族性養われん。神が最も嫌うは、水ある場所を固める、 埋める行為なり。海を埋め、川を固めるは…

神から人へ ◎ウエサク祭(五月満月祭)◎

神から人へ、人から神へ。多くの不安、地球の変化、 人の迷い、苦しみ、そもまた一つの時代の流れ、 次元上昇、そのためなれば。さにて本日ウエサク祭。 天上界の神々も、宇宙に偏在、充満する、幾多の命、 エネルギー、全てが地球に降り注がれ、地球の魂、 …

神から人へ ◎人類が地球を破壊する前に◎

神から人。神から人に、多くの恵みと多くの導き。そにて 人を救い、人を富ませ、人を助けて養い、育み、神の慈愛の 限りをもちて、創りしものが人間なるを。いつしか人は、 神から離れ、神のご意図に最も遠く、最も汚れし存在となる。 何故かくも汚れて堕ち…

神から人へ◎淡路島・卑弥呼について◎

神から人へ、人から神へ。真の教えの深き意味、深遠なる意味問い直せ。 今のこの世の嘆かわし、愚かな過(あやま)ち繰り返す、悲惨な現状、 無残な闘い、何より悲しく憂うべき今。 さにて本日、そなたと久々の問い、答えの時を喜ばん。そなたの成長進歩を 喜…

神から人へ◎人の全ての償いの祈り・お詫びの祈り◎

神から人へ。人から神へ。 その働きをさらにも高めて、さらに働き、役を果たせよ。 人類危急の、危難の時を、みなが集まり、祈りを高めて、 人類再生創世の次代を築きて、役を担(にな)えよ。 全ては人の努力にかかり、人一人一人の思いによらん。 なれば、全…

神から人へ ◎覚醒せよ・最後の審判の前に◎

神から人へ、人から神へ。 次なる事象、次元(上昇)の前に、多くの人の働きと、思いの高まり、 調和を広げよ。一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。 人の遅れ、地球の遅れ、進化の止れる原因は、全ては人の心の奥に、 眠れる遺伝子、記憶の底の…

神から人へ ◎天変地異・火と水の浄化について◎

(天変地異・自然災害について) 神から人へ、人から神へ。 大きな犠牲と傷跡残し、世界を狂わす自然災害。 その奥にある神のご意図は、全てが地球の浄化の ためと、次なる世界の立て直しの、速やかにして 滞りなく、新たな御世へと移行するよう、 不要なる…

神から人へ◎ミロクの世・現世浄土の始まり◎

(新しい御世とはどのような御世なのか。新しい御世を 迎えるために人間はどのような準備をすべきなのか。) 神から人へ。人から神へ。 人類史上最大の危難危急の時代を迎え、 次なる御世を創世せんと、人は急ぎて協力し、集い集まり、 力を合わせ、新しき世…

神から人へ◎霊性進化・霊なる者の自覚を持て◎

神から人へ、人から神へ。 次なる事象、次元の前に、多くの人の働きと、 思いの高まり、調和を広げよ。 一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。 人の遅れ、地球の遅れ、進化の止れる原因は、 全ては人の心の奥に、眠れる遺伝子、記憶の底の、 神…

神から人へ ◎日本は神の国、世界を救う国◎

神が人に、この世に生まれしときに与えしもののうち、 人にとりて最も重要なるものは、すなわちことばなり。 ことばがなければ、人は動物と変わらず。草木と変わらず。 ただ己の生を生くるためにのみ、日々の生を送り、 生を終えるのみなり。なれば、人はこ…

神から人へ◎祈りと祝詞・この世を浄化する言霊◎

神から人へ、人から神へ。 一つの不安も少しの迷いも、捨てて放せよ、離れて逃れよ。 神との縁を信ずるならば、後は任せて、ただ行なえよ。 ことばに表わし、形に示し、体を動かし働けよ。 先の先まで案ずるなかれ。今なすべきを、原点を、 己の立つべき足元…

神から人へ ◎人類を救う言霊・祝詞3種◎

神から人へ、人から神へ。尽きない欲望、果てない憎悪。人はこの世の終わりまで、真の英知を求めぬままか。人には多くの機会あり。成長、気づき、学びに悟り。全ての機会を無駄にせず、何故さらに求めずや。さにて本日、神の世界について、一部を伝えむ。神…

神から人へ ◎一年生きても、百年生きても◎ 

神から人へ。神から人へ、教えしことのは。文字と光と力と業(わざ)を、 人は残らず果たすが大事。人の思いのつまらぬ葛藤、くだらぬ詮索、 疑い、迷い、全ては人の汚れと曇り。神のことばを聞く耳あらば、 人は迷わず導かれゆけ。神のことばの変わらぬ意味を…

神から人へ◎曇らぬ心で明るき未来を思うべし◎

神から人へ、人から神へ。多くの人の手を集め、力を集め、 声を集め、祈りを高めて乗り切れよ。今の世の中、現状の、 一つ一つに込められし、神の思いを読み取れよ。何よりも まず、あせらずあわてず、己の課されし行に励みて、 心の乱れを起こすことなく、…

巫女より ◎三輪の祈りとは・最後の審判の前に◎

(三輪の祈りとは・最後の審判の前に)2017年3月より神の国である日本国民は、言霊を大切にし 言葉を浄め、行いを改めます。古代の魂の人、覚醒した人、霊格の高い人が、人々に神様の言葉を伝え、正しく生きる為の気付きを与え、神様が人間に授けて下さっ…

神から人へ 「神に守られ、この世を生きよ」

神から人。神から人、人から神へ。心と心、体と体、魂と魂。全てが別の ものなれど、互いに流れる奥底の、命の清流、根源には、必ず神の祈りあり。 神の願いを表せる、人の肉体、魂は、人の汚れも浄(きよ)め、祓(はら)い、 神の願いを実現するよう、不可能な…

神から人へ 「今しか見えぬ、哀れな魂(たま)よ」

神から人。 神から人へ、伝え残せしことばの数々、思いの全てを、 今ようやくに、伝え下ろせり、書き残させて、 神の心も平らかなるを。今人に、告げて戻らん。 神から人へと、伝えておくべきことを終えなば。 神から人への思いの全てを、一つ一つを忘るなか…

巫女より◎人間とは・最後の審判・次元上昇とは◎

人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きるこの世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器をお借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、原因結果の法則で支配されていますの…

神から人へ◎人類救済の日・最後の審判について◎

神から人へ。 神から人へは同じなれども、今日より伝えんことの 一つも、漏らさず写して、指針とされよ。 後の人類、生命の、全ての救済、再生のため。 来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、 数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るら…

巫女より ◎三輪の祈りとは・最後の審判の前に◎

(三輪の祈りとは・最後の審判の前に)2017年3月より神の国である日本国民は、言霊を大切にし 言葉を浄め、行いを改めます。古代の魂の人、覚醒した人、霊格の高い人が、人々に神様の言葉を伝え、正しく生きる為の気付きを与え、神様が人間に授けて下さっ…

神から人へ ◎恋愛について◎

神から人へ 人から神へ。今や残さる時は少なし。人類全ての 存亡に迫る危難に早くに気付けよ。さにて本日、人間世界の 恋愛について答えを示さむ。恋愛感情、思慕(しぼ)の情、 そは人には根源の、種の生存に不可欠の、本能なるに近きもの。 なれど人は、そを…

神から人へ◎神棚・神社参拝・平和の祈りを捧げよ◎

(神棚を祀り、祈りを捧げることの意味をお教えください) 神を尊び、感謝を表し、地球の波動を正す祈りを、日々に 欠かさぬ意味は重し。誠に平和を祈りて捧げる神へのことばは、 波動も高く、地球の隅々果てまでも、浄め祓いてゆくものなれば、 毎日欠かさ…

神から人へ◎親子の縁・親子の愛・無償の愛◎

神から人へ、人から神へ。親子も、夫婦も、兄弟も、全ては 地上の修行のために、互いの魂磨き合うため、この世に出会い、 結ばれて、互いの欠けたるところを補い、互いのよさを讃え合い、 互いを信じ、敬(うやま)い合い、共に助け、慈(いつく)しみ合い、 さ…

神から人へ ◎この世を旅立った人への祈り◎

神から人へ、人から神へ。現世の出会いも、別れも、縁も、 全ては神に仕組まれしもの。人はこの世に出会いし人と、 その和を保ちて生き永らえて、さにてこの世の み役を果たす。 尊き出会いは神のみ恵み。己の御魂の向上のため、神に賜る縁 なれば。人は宿世…

神から人へ◎原発停止・最後の機会を逃すな◎

神から人へ、人から神へ。多くの人の命を奪い、尚収まらぬ、 混乱、混迷。人の全てが力を合わせ、課題に向かい、手を 携(たずさ)えて、これまで犯せし科(つみとが)の一つ一つを償えよ。 生きて残りし者たちは、重き課題を負わされて、これから後の 時代を担…

神から人へ ◎祈り・祈り方について◎

神から人へ。神から人へ、全ての教えは下ろされぬるを、 全ての教えは未だ守られ、行い現さる至らざるを。全ての 教えを読み解くなかれ。先ずは行い、肚にて分かれよ。 分かると知るとの違いを知れよ。頭に理解し、納得せしも 己の魂、肚に届かず。中途半端…

神から人へ ◎覚醒の始まり・九州の地震について◎

(2005年九州の地震について) 神から人へ。人から神へ。多くの犠牲も人の死も、次なる夜明けの その前の、光の前の暗闇なり。本日そなたの問いの意味は、 そなたも十二分に承知せるもの。なれどもさらに、意味問いたくば、 そなたも己に問いかけてみよ、…

神から人へ◎祈りと祝詞・この世を浄化する言霊◎

神から人へ、人から神へ。 一つの不安も少しの迷いも、捨てて放せよ、離れて逃れよ。 神との縁を信ずるならば、後は任せて、ただ行なえよ。 ことばに表わし、形に示し、体を動かし働けよ。 先の先まで案ずるなかれ。今なすべきを、原点を、 己の立つべき足元…

神から人へ◎人類の霊性進化・神の言葉を声にせよ◎

神から人へ、人から神へ。人類進化の歴史の流れは、人の知識の遥かに及ばぬ 宇宙の創成、銀河の創出、そこより始まる壮大なもの。神の願いは宇宙の意思 にて、全てがカオスの混沌ならず。法則もあり、原理も働く。秩序もあれば、 方向もあり。単なる偶然、奇…

三輪山の巫女より◎日本の地震・原発停止の祈り◎

日本の地震は、日本人への禊(みそ)ぎです。宇宙は神様の御意図、 真理で、地球(現世・輪廻転生の修行の場)は、神様の作った法則・ 原因結果の法則で支配されていますので、人類が、神様の作った 宇宙と、地球の自然を汚すのをやめない限り、大なる禊ぎは続き…

神から人へ ◎随神(かんながら)について◎

神から人へ、人から神へ。神から人への伝えも終わり、 今は一人の人間として、意志持ち生きる人として、 神の答えに頼らずに、自ら考え、行なえよ。神の答えは 正解になし。多くの方法、選択し、そこから選ぶは本人 のみ。 神のご意志に沿いながら、尚も己の…

神から人へ◎うつ状態・うつ病について◎

(鬱状態になぜなるのか、また、どうすれば鬱状態を 治せるのかお教え下さい) 神の答えは一つなり。まずは心に感謝を持てよ。 苦しき境遇、環境なれども、人はそこにて明るく生きて、 神に感謝し、満足見出せ。鬱病なるも、もとは一つよ。 神への不満や、生…

神様の警鐘 ◎日本・和の伝統文化に触れよ◎

(和の文化) 日本は島国なり。神は世界の要、神出づる国として、 日本の島々を作られし。神はこの日之本、日本が神国と して、神と共に歩み、世界の要となりては、神に似せし 美しき言霊を与えられ、どの国にも冒されぬ、国民性を 与えられたまいし。神と交信…

神から人へ◎日本と世界・人種・歴史教育◎

(世界の国や人種について) さても難しく、また答え難きことを聞くものなるかな。 なれども答えん、答えて示さん。さにて知れよ、神のご意図を。 神世の昔の、さらに昔、この世に生命、命あるもの、 全ては同じに、形も姿も、全てが同じに、神は作らる。 な…

神から人へ◎覚醒・次元上昇・霊性進化◎

神から人へ、人から神へ。次なる事象、次元の前に、 多くの人の働きと、思いの高まり、調和を広げよ。 一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。 さにて本日何を問うや。 (村上和雄先生の「スイッチON」ということばは、 全宇宙でも使われている共…

巫女より◎人間・最後の審判・次元上昇とは◎

人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きるこの世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器をお借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、原因結果の法則で支配されていますの…

神から人へ◎地上に飢える何億の民・増悪の連鎖を断て◎

神から人へ、人から神へ。常に変わらぬ交流を、絶えざる循環、 交(か)わす祈りを。さにて本日、今の地球の最も危機なり。 存続するか、滅亡するかの、瀬戸際のときを今や迎えり。 人はこれまで幾度もの、危難を乗り越え、解決し、学問、 技術を発展させて、…

神から人へ ◎平和への道・自然に相和し祈ること◎

神から人へ、人から神へ。急ぎ伝えて残すべき、人類全てに共通する、教えの 全ては伝え終え、今は人の一人一人が、気づき、悟りて行うのみ。なれば人は 迷うことなく、案ずることなく行えよ。人の心は、儚(はかな)く脆(もろ)く、 当てにすれども頼りにならぬ…

神から人へ「それぞれに己の道あり、魂あり」

神から人。 神から人へ、教え下ろして、人に広げて、さらに 後の世、次の世代へ、継がれ残され、伝わるように、 人は考え、行動せよ。 神の教えは絶対なれば、この世が終わり、時移り、 世代が変わりて、変遷せども、神のことばは 受け継がれ、伝わるように…

巫女より ◎三輪の祈りとは・最後の審判の前に◎

(三輪の祈りとは・最後の審判の前に)2017年3月より神の国である日本国民は、言霊を大切にし 言葉を浄め、行いを改めます。古代の魂の人、覚醒した人、霊格の高い人が、人々に神様の言葉を伝え、正しく生きる為の気付きを与え、神様が人間に授けて下さっ…

神から人へ◎親子の縁・親子の愛・無償の愛◎

神から人へ、人から神へ。親子も、夫婦も、兄弟も、全ては地上の 修行のために、互いの魂磨き合うため、この世に出会い、 結ばれて、互いの欠けたるところを補い、互いのよさを讃え合い、 互いを信じ、敬(うやま)い合い、共に助け、慈(いつく)しみ合い、 さ…

神から人へ ◎神の力の復活・命の夜明けへ◎

神から人。神から人へ、伝え残せしことばの数々、思いの 全てを、今ようやくに、伝え下ろせり、書き残させて、 神の心も平らかなるを。今人に、告げて戻らん。神から人へと、 伝えておくべきことを終えなば。神から人への思いの全てを、 一つ一つを忘るなか…

神から人へ◎福島原発事故・重ねた罪の深さを知れ◎

神から人へ、人から神へ。多くの人の命を奪い、尚収まらぬ、 混乱、混迷。人の全てが力を合わせ、課題に向かい、手を 携(たずさ)えて、これまで犯せし科(つみとが)の一つ一つを償えよ。 生きて残りし者たちは、重き課題を負わされて、これから後の 時代を担…

三輪山の巫女より◎日本の地震・原発停止の祈り◎

日本の地震は、日本人への禊(みそ)ぎです。宇宙は神様の御意図、 真理で、地球(現世・輪廻転生の修行の場)は、神様の作った法則・ 原因結果の法則で支配されていますので、人類が、神様の作った 宇宙と、地球の自然を汚すのをやめない限り、大なる禊ぎは続き…