読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎人類が地球を破壊する前に◎

神から人。神から人に、多くの恵みと多くの導き。そにて 人を救い、人を富ませ、人を助けて養い、育み、神の慈愛の 限りをもちて、創りしものが人間なるを。いつしか人は、 神から離れ、神のご意図に最も遠く、最も汚れし存在となる。 何故かくも汚れて堕ち…

神から人へ◎進化せよ・人の命は体にあらず◎

神から人へ、人から神へ。 互いの信頼・信仰のもと、人の進化は神に近づき、 やがては神の授けし頃の、尊き御魂(みたま)に進化せよ。 さにて本日、神と人との領域について、細かく答えん。 そもそも神は人を創り、命を与えしそのときに、 神の御魂を分け与…

神から人へ◎人類救済の日・最後の審判について◎

神から人へ。 神から人へは同じなれども、今日より伝えんことの 一つも、漏らさず写して、指針とされよ。 後の人類、生命の、全ての救済、再生のため。 来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、 数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るら…

神から人へ◎人類の次元上昇・スイッチONとは◎

神から人へ、人から神へ。次なる事象、次元(上昇)の前に、 多くの人の働きと、思いの高まり、調和を広げよ。 一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。さにて 本日何を問うや。 (村上和雄先生の「スイッチON」ということばは、全宇宙でも 使われて…

神から人へ◎食事と身体・陰陽と循環について◎

人間本来の食べ物、 神世の頃の人の食べ物、そは肉ならず、 魚ならず。神世の食せし食べ物は、木の実や穀物、植物なる。 人の肉食始まりは、人の愚かな欲望なりき。人は己の分を わきまえず、己が最も偉大なりと、考え誤り、他を征服し、 さらには他をも支配…

神から人へ◎地球と北極星・北斗星との関係◎

神から人へ、人から神へ。永きの年月、時の流れに、 人は己の使命を忘れ、今ある生の、眼前の、瑣末(さまつ)な 事象、現象に、惑(まど)い、愁(うれ)いの日を送りきぬ。 さにて本日、宇宙の星々、その中にある、宇宙の意図を、 意味を伝えむ。宇宙の始めに、…

神から人へ◎人間の傲慢(ごうまん)さについて◎

神から人へ、人から神へ。傲慢ばかりが幅利かせ、この世に はびこる今の世よ。人の謙虚さ、慎ましさ、謙譲、控えめ、 譲り合い、さなる美徳は消え失せて、我を張り、押し退け、 我を通す。さなるさもしさ、卑しさに、嘆きも空しき、 侘しき心。今のこのとき…

神から人へ ◎天変地異・火と水の浄化について◎

(天変地異・自然災害について) 神から人へ、人から神へ。 大きな犠牲と傷跡残し、世界を狂わす自然災害。 その奥にある神のご意図は、全てが地球の浄化の ためと、次なる世界の立て直しの、速やかにして 滞りなく、新たな御世へと移行するよう、 不要なる…

神から人へ◎ミロクの世・現世浄土の始まり◎

(新しい御世とはどのような御世なのか。新しい御世を 迎えるために人間はどのような準備をすべきなのか。) 神から人へ。人から神へ。 人類史上最大の危難危急の時代を迎え、 次なる御世を創世せんと、人は急ぎて協力し、集い集まり、 力を合わせ、新しき世…

神から人へ◎宗教・宗教団体・信仰について◎

(宗教・宗教団体・信仰について) まずは教えん。違いと区別。三つの間に違いはなかる。なれど 目的、やり方、方法、それぞれにあるが、違いなり。まずは 宗教。そのはじめの目的は、神が自ら存在を、示して広め、 伝えんために、わかり易き形に表し、ことば…

神から人へ ◎宗教と政治の堕落・宗教者へ◎

(宗教の違いについてお教え下さい。全ては元は同じ神様なので しょうか) かくも尊き、畏(かしこ)き神を、頂く神は、一つの民なり。 大和(日本)の民は、最も尊く、畏き神を頂く民なり。宗教、教団 いろいろあれど、全てを治める最も上の最上界にはスの神お…

神から人へ ◎嘘・偽善・人の弱さについて◎

(嘘をつくことは、どんなときにも許されないことでしょうか) さにあらず。人には常に、隠したきこと、言いたくなきことあらざるや。 人の知らせることのみが、正しき選択、策になし。なれば人は、ときに黙し、 ときに真と異なりて、多少の歪曲、脚色あらん…

神から人へ◎人類救済の仕組みを学び、悟れ◎

命とは、神に与えられしものなり。 命に生を与えるものは、神のみ力、お仕組みによる。 生とは現界での状態であり、命とは無限に続く魂のことなり。 それゆえ、命は死と生を繰り返すなるが、命は無限に、 与えられし時から無限に続き、この世に生を持つこと…

神から人へ◎不平不満・愚かな罪を重ねるな◎

神から人へ、人から神へ。今の人類、多くの者の 積み越し穢(けが)れ、 罪科(つみとが)を、人は禊(みそ)ぎて、贖(あがな)いて、神の許しを得ん ために、現世 命のある意味を、よくわきまえて、身を慎(つつし)むべし。 人は本来 罪深き者。生きる全てが罪の連…

神様の警鐘◎異常な世を見渡せよ、世界を見渡せよ◎

(人災について) 物質文明の罠、人災、いよいよ大きな渦となり襲いかかる。 建築物は老化し、毒のある食材、建築材、塗料、染料、洗剤、 薬品。人に害ある物、数限りなく存在す。新薬にてただ傷に蓋を するのみにては、免疫力失いて、さらなる病を呼ぶばかり…

神から人へ◎名誉欲と自我・低き想念を正せ◎

神から人へ。人から神へ。そなたに教え、語り来し、多くの伝えを伝えて くれよ。易しく説きし真理正法、多くの御霊(みたま)に聞かせてくれよ。 神の願いは今それのみ。さにて本日、何を問いたし。 (名誉欲は、いけないことでしょうか。人は誰でも、他人から…

神から人へ ◎文明・学問・芸術について◎

(文明について) 文明なるは、人のみが持つことを許されしものなり。文明、 即(すなわ)ち、人をより幸せに導き、思いを高め、神に感謝 するの念を強めるべき、神の御心の現れとなるべきものなり。 文明の成果は全て、人の欲得、利害損得に駆使され、神の心は …

神から人へ ◎出口信一先生をおしみて◎

神から人へ、人から神へ。現世の出会いも、別れも、縁も、 全ては神に仕組まれしもの。人はこの世に出会いし人と、 その和を保ちて生き永らえて、さにてこの世の み役を果たす。 尊き出会いは神のみ恵み。己の御魂の向上のため、神に賜る縁 なれば。人は宿世…

神から人へ ◎一年生きても、百年生きても◎ 

神から人へ。神から人へ、教えしことのは。文字と光と力と業(わざ)を、 人は残らず果たすが大事。人の思いのつまらぬ葛藤、くだらぬ詮索、 疑い、迷い、全ては人の汚れと曇り。神のことばを聞く耳あらば、 人は迷わず導かれゆけ。神のことばの変わらぬ意味を…

神から人へ◎霊性進化・霊なる者の自覚を持て◎

神から人へ、人から神へ。 次なる事象、次元の前に、多くの人の働きと、 思いの高まり、調和を広げよ。 一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。 人の遅れ、地球の遅れ、進化の止れる原因は、 全ては人の心の奥に、眠れる遺伝子、記憶の底の、 神…

神から人へ◎前世・現世・神との縁について◎

神から人へ、人から神へ。教えの一つ、伝える意味を、生の要 (かなめ)に、中心に据え、己の生を高めてゆけよ。単なる知識や 好奇心、すぐに忘れることばにあらず。しかと己の御魂(みたま)に 入れよ。前世は己の生を清算、新たな生を賜わるために、 生の終わ…

神から人へ「それぞれに己の道あり、魂あり」

神から人。 神から人へ、教え下ろして、人に広げて、さらに 後の世、次の世代へ、継がれ残され、伝わるように、 人は考え、行動せよ。 神の教えは絶対なれば、この世が終わり、時移り、 世代が変わりて、変遷せども、神のことばは 受け継がれ、伝わるように…

神から人へ ◎老い・病気・死・命について◎

(老い、病気、死について) 老いも病も、生も死も、全ては同じ。神の御心。生を与えて禊(みそ)ぎを与え、 苦しき行にて悟らせん。死をば与えてこの世を終わらせ、あの世に禊ぎてまた 戻す。さにて人は、魂浄めて、無限の悟りを、気づきを得るよう、さなる御…

神から人へ ◎心の富・心の財・御魂の光◎

神から人。神から人に伝え教え、使わせ、そして許ししものに、 ことばあり。力あり。み業あり。主の神あり。神事あり、祝詞 あり。祭りあり。さにて諸々の、神と通じる多くのこと、もの、 教え、お伝え、全てに、神のご意図あり。ご意志あり。願いあり。 な…

神から人へ◎淡路島・卑弥呼について◎

神から人へ、人から神へ。真の教えの深き意味、深遠なる意味問い直せ。 今のこの世の嘆かわし、愚かな過(あやま)ち繰り返す、悲惨な現状、 無残な闘い、何より悲しく憂うべき今。 さにて本日、そなたと久々の問い、答えの時を喜ばん。そなたの成長進歩を 喜…

神から人へ ◎祈り・祈り方について◎

神から人へ。神から人へ、全ての教えは下ろされぬるを、全ての 教えは未だ守られ、行い現さる至らざるを。全ての教えを読み解く なかれ。先ずは行い、肚にて分かれよ。分かると知るとの違いを知れよ。 頭に理解し、納得せしも己の魂、肚に届かず。中途半端の…

神から人へ ◎NY大停電・テロ・戦争について◎

(世界の情勢についてお尋ね申し上げます。 一つは先日のニューヨークの大停電について、二つ目はコンピューター ウイルスの蔓延について、三つ目はイラクでの国連に対するテロについて、 事件の意味、神様のご意図をお教えください) さても暗き出来事ばか…

神から人へ◎日本と世界・人種・歴史教育◎

(世界の国や人種について) さても難しく、また答え難きことを聞くものなるかな。 なれども答えん、答えて示さん。さにて知れよ、神のご意図を。 神世の昔の、さらに昔、この世に生命、命あるもの、 全ては同じに、形も姿も、全てが同じに、神は作らる。 な…

神から人へ◎地球の次元・次元の低い星◎

神から人へ、人を介して教えしことは、 全て神の御心なれば、急ぎて伝えて広めてゆけ。 今を逃さば後には遅く、全て終わりて取り返せぬ。 努力惜しまず、時間を惜しめよ。猶予の期限も近づき ぬるを。地球の危機を救えよ、人よ。 神から人へ。 人の全ての改…

神から人へ◎原因結果の法則・振り返らず前へ進め◎

(この世に一切偶然はないと言います。本当でしょうか。全て神様が 仕組まれているのでしょうか。それは狂いもなく進み、実現してゆく ものなのでしょうか。そうだとすれば、人間は何をしても無駄、 何もしなくともよい、ということになるのではないでしょう…

神から人へ ◎真理を学び、時を超え時を生きよ◎  

神から人。そは、昔からの古代からの、遠い遠い、人類の祖先、 人類の始まり、全ては、そこから始まりし世の、全ての大本なる その始めからの、遠い遠い昔なり。その時人が、神に望み、神に 願うこと、ものは、ただ人が食うに困らず、生きるに困らぬ、 必要…

神から人へ ◎この世の終りを人に知らせよ◎

神から人へ。 神のみことば、教えなり。人と伝えし教えなれば、人の全てに伝えることが、 全ての者の、縁ある者の、み役なり。素直に正しく心豊かに、さなるようにと 伝え教えし、神のことばを人に知らせよ。この世の変わり目、この世の終わり。 時は移りて…

神から人へ ◎悪を罰することについて◎

(正義のために悪を滅ぼそうとする人間の闘い、例えば、悪徳商法の 企業や、宗教を取り締まることや、被害を訴えることは、善くないの でしょうか。人間心の正義は時に、神様のお邪魔になるとのことですが、 神様の喜ばれる正義とは何でしょうか) さても一…

神から人へ ◎罪の償いについて◎

神から人へ。人から神へ。教え伝えて、残してゆけよ。救い広げて、 助けてゆけよ。神の手伝い、続けてゆけよ。全ての人の精進を、 心の浄めを手伝いてやれ。さにて本日、何を問いたき。 (罪の償いを、どうすべきでしょうか。 例えば、人を殺した人は、 現世…

神から人へ ◎人に望む優しさ・神の慈愛について◎

神から人へ。人から神へ。教えて残し、伝えて広げ、ただ忠実に 働けよ。己の誠心、忠心見せよ。さにて使われ、仕えてゆけよ。 さにて本日何を知りたき。 (神様は、人の病気や不幸に同情することはよくない、禊ぎの お邪魔になるとおっしゃいましたが、人へ…

神から人へ◎人類救済の日・最後の審判について◎

神から人へ。 神から人へは同じなれども、今日より伝えんことの 一つも、漏らさず写して、指針とされよ。 後の人類、生命の、全ての救済、再生のため。 来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、 数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るら…

神から人へ◎宇宙を創った神・言霊の神について◎

神から人。 神から人へ、教えて伝え、残して広め、 さにて人類地球のための、平和繁栄進歩のための、 幾多の教えも今早終われり、今はそなたの問いに 答えて、よすがされよ。支えとされなん。 本日そなたの問いはいかなる。 (神様について) では、始めん。…

神から人へ ◎神の力の復活・命の夜明けへ◎

神から人。神から人へ、伝え残せしことばの数々、思いの全てを、 今ようやくに、伝え下ろせり、書き残させて、神の心も平らかなるを。 今人に、告げて戻らん。神から人へと、伝えておくべきことを終えなば。 神から人への思いの全てを、一つ一つを忘るなかれ…

神から人へ ◎自由の意味・命の使い方について◎

神から人へ、人から神へ。世界の平和と進化を願い、人の御魂の 向上、昇華を、何より望み、何より祈らん。人の進化は日々遠く、 果て無き道の彼方の虹の、行けどもつかめぬ陽炎(かげろう)の如。 なれども神の、宇宙の真理は、進化の道を辿(たど)るもの。なれ…

神から人へ◎祈りと祝詞・この世を浄化する言霊◎

神から人へ、人から神へ。 一つの不安も少しの迷いも、捨てて放せよ、離れて逃れよ。 神との縁を信ずるならば、後は任せて、ただ行なえよ。 ことばに表わし、形に示し、体を動かし働けよ。 先の先まで案ずるなかれ。今なすべきを、原点を、 己の立つべき足元…

神から人へ◎神とつながる祈り「いろは」「ひふみ」

心を浄めゆくこと。神に感謝を捧げゆくこと。 そのみを日々に繰り返せよ。 日々の感謝は己を浄め、心を高めて、保ちおきなん。 神への感謝は特別ならず。人の務めよ、当然のこと。 供物や献上よりも神は喜び、受け取られん。 神への感謝の高き祈りを。 なれ…

神から人へ◎神棚・神社参拝・平和の祈りを捧げよ◎

(神棚を祀り、祈りを捧げることの意味をお教えください) 神を尊び、感謝を表し、地球の波動を正す祈りを、日々に欠かさぬ意味は 重し。誠に平和を祈りて捧げる神へのことばは、波動も高く、地球の隅々、 果てまでも、浄め祓いてゆくものなれば、毎日欠かさ…

神様の警鐘より ◎神社参拝・お礼参りについて◎

お正月には皆さん初詣に神社を訪れますが、年末、御礼参りに神社を 訪れる人はわりと少ないです。今年一年お守り下さった神様に 感謝を捧げ、お礼を申し上げなければなりません。今年一年何もよい ことはなかったのに、何で行く必要があるのかなどと罰当たり…

神から人へ◎地上に飢える何億の民・増悪の連鎖を断て◎

神から人へ、人から神へ。常に変わらぬ交流を、絶えざる循環、交(か)わす 祈りを。さにて本日、今の地球の最も危機なり。存続するか、滅亡するかの、 瀬戸際のときを今や迎えり。人はこれまで幾度もの、危難を乗り越え、解決し、 学問、技術を発展させて、失…

神から人へ◎言霊幸わう大和の国よ、世界平和の元となれ◎

神から人へ、人から神へ。 平和の祈りと思いの高まり、世界の波動を変えゆきて、 争い、諍い、全ての紛争、憎しみ、悲しみ。 全てをまとめて、浄め(きよめ)禊げ(みそげ)よ。 全てを祓い(はらい)て、元の平らな聖地に返せよ。 人は早くに気づき悟れよ。愚かな…

神から人へ ◎戦没者・靖国神社参拝について◎

神から人へ。人から神へ。神の教えはようやく終わりぬ。 後はそなたと人々への、問いに答えてゆかん。なれば尋ねよ、 小さきことも、つまらぬことでも晴らしてゆかん。教えてゆかん。 後のため。さらに迷いも深くなりなん。 さなる後の世、人のため、導き示…

神から人へ ◎嘘をつくこと・人の弱さについて◎

(嘘をつくことは、どんなときにも許されないことでしょうか) さにあらず。人には常に、隠したきこと、言いたくなきことあらざるや。 人の知らせることのみが、正しき選択、策になし。なれば人は、 ときに黙し、ときに真と異なりて、多少の歪曲、脚色あらん…

神から人へ ◎神と人、一体となりて行を積む◎

人には人の、それぞれのみ役がある。神には神のみ役がある。 神にみ役あり、というは、神にもいろいろな方がおられ、神も人と 同じく、様々な役割を担われているからなり。なれば神も人と同様、 そのみ役を果たしつつ、人間界の行い、営み、万物の仕組みが …

神から人へ ◎不思議な船との遭遇の意味◎

神から人へ、人から神へ。多くのこの世の現実、現象、全てに意味あり、 偶然はなし。人はそこより意味を汲み、神のご意図を、宇宙の意思を、 見えない力を 読み取るべし。さにて本日、そなたの問いは。 (富岡興永宮司様が、以前八丈島に行かれた時、船体に「…

神から人へ◎心の毒・人傷つければ己も傷つく◎

神から人。神から人に伝え、教え、導き。そして養いて、人の幸せ、人との和、 人と人の交流、親交、さなるためにと与えし ことば、ことのは。そは、 神が人を慈(いつく)しみ、愛(いとお)しみ、人が他を傷つけることなく、 互いが憎しみ合うためになく、互い…