読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎神と人、一体となりて行を積む◎

 


人には人の、それぞれのみ役がある。神には神のみ役がある。神に

み役あり、というは、神にもいろいろな方がおられ、神も人と同じく、

様々な役割を担われているからなり。なれば神も人と同様、そのみ役を

果たしつつ、人間界の行い、営み、万物の仕組みがとどこおりなく進む

よう、日々、行を積まれておられる。そしてその中でも、高い層の神と

低い層とがあり、やはり行がすすみゆくにつれ、その層が上がり、

それに伴い、み役も変わる。されば神は、人と同じく行をもって自らの

霊層を高め、更なる昇華を積まれる。そして神と人は、一体となりて行を

積みゆく。なぜなら、神のみ役は、人の行い、行に通じ、神の行が滞らば、

人の世界にての行もそれを写し、神の世界の乱れが、人間界の乱れとなる

仕組みなればなり。それゆえ、行を怠りし神のもとでは、その神に導かれる、

霊体、幽体、人体、全ての生命に乱れが生じることとなる。神の世界の乱れは、

神のみ力、神ご自身のご努力により、いつでも回復し元にもどすことは容易

なるが、人間界の乱れは、人のみ力で回復できぬが常なり。時にその乱れは

さらに強まり、極まりて、人類の存亡にまで広がることもあり得べきこと

なり。それゆえ、神は人に力を貸し、力を与え、光を与えられて、この世を

浄めさせ、乱れを改めさせ、そして、自らが気がつかせんとして、不幸現象を

見せられ、悟れよ、気づけよ、と呼びかけておられる。なれど人の多くは、

その呼びかけ、神の諭しに気づかず、他の人間への憎しみ、ねたみをもって、

自らの我を、一層に強めゆくが、多くの常なり。大半の者なり。

 

 

されど、中に幾人かの人間が神から下ろされ、人間の姿形を以って地上に

現れ、この世の乱れを改め、人の心をいさめ、人に気付きを与えんとして、

この世で特別のみ役をもって生まれる者あり。それは、時に人に、書をもって

光を示すあり。声をもって伝える者あり。また、手から放たれる光、

あるいは肉体による神の力の体現をして神の力を示し、人に神の存在を知ら

しめ、人の心の改善を図らんとされる。なれば、この世で、奇跡といわれる

ことの多くは、その者自身の力にはあらず。神がその者を使いて神の力を与え、

ご意志を示させているにすぎぬ。しかれど神は、人を変えることを望んで

おられるのではなく、ただ、人自らが神の力を信じ、人が自らのみ役に気づき、

悟り、神の心を取り戻す、そのことのみを望んでおられる。 

 

 

人が、この世に生を得、生を生き、神の子としてではなく、人の我に囚われ

始めてから、この地上に、神の御心に添わぬ物を作り始め、神の御心に添わぬ

物質に囚われ始め、人の心が汚れ、神の御心から遠ざかり、次第に地球、

自然、万物の命、魂、肉体を、あらゆるものを汚し始めた。なれど、人は

己の我欲と闘いつつ、行を行わなければならぬ。そして悟りを得、気づきを

得るものなり。そのように仕組まれているものなり。然るに今の世にて、

己の我と闘い、己の我欲と真摯に対峙し、それをなくさんと行を積む者が

どれだけいようか。おそらくは、ごく限られた者たちだけであろう。

もう地球は元に戻らぬ。人の全てが自らを改め、心を改め、浄め、魂の

向上を願い図らずは、この地球も、人も生物、物質、全てのものが滅びゆく

なり。人が神の子として、最初の魂に戻り、気づくときまで神は人に

呼びかけを続けられよう。そのためのお仕組みをいくつも用意され、

一つ一つをもって示され、待っておられる。なれど、その神のご意図も、

今の荒れ果てた人の心には届くすべもなし。神は二度、三度、人に気づきの

機会を与えられて今日に至りしが、すでにもう地球は、自然は、万物は、

その体系を崩し、取り返しのつかぬところまできてしまいし。それゆえ、

神も決断を下されし。もう時はなし、もう待つことはならぬと。そして神々の

お計らいによりて、幾人かを地上に降ろし、そのみ役として、他の者とは

異なるみ役を担わされし。それが、神のご意志、ご意図を人に伝え、広める

み役の者たちなり。 

 

 

最期の気づきの機会を与えんためなれば、人はついに最期のときを迎えん

ことをも示すものなり。よりて、人はこの機会を逃し、気づかぬ者は、

神の救いも届かず、この世だけでなく、宇宙、空間、時間の一切から、

存在を消され、永遠に消えゆくこととならん。脅し、脅迫ではなく、それが

神の仕組みなり。  なれば、人よ、人と共に歩みし神の子よ、神の子というは

全てなるが、神の心失いし者は、神の子たらぬ者なれば、ここに人と区別して

呼ぶなるが、神の心持ちし神の子と、人と、全ての生を持ちし生き物たちとが、

再度神に近づき、神の御心に適う生を与えられるために、最期の機会を共に

活かし、共に行じてゆかんことを願うなり。魂の存続をされるか否かの最期の

機会なり。残されし時の短さを思うなら日々をおろそかに過ごすことはできまい。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog