読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎驚天動地に恐るな、あわてるな◎

 

 

神から人へ。神から人へ、人から神へ。互いの親交、交流、調和。

それら全てが、この世を動かし、次なる世を動かし、次なる世界を創り上げ

なん。人の思いを高めよ。神のお役に立つためは、心を浄めて高めざらば、

次なる世界も浄め得ず。元と変わらず、今と変わらず。少しの辛抱、忍耐努力。

今ようやくに始まりぬる、次なる世への立て替え直しは。あせらず待てよ、

その時を。静かに聞けよ、訪れを。何の変化もないが如くに、見えども、

奥の底にては、変化改革、進みおり。人の心であわてるなかれ。

人の心に疑うなかれよ。人の目に、見えず、聞こえざるとも。神の仕組みは

潜行し、いずれは大きな大異変、驚天動地も起こりなん。

その時恐るな、あわてるな。焦り急ぎて仕損じなば、元の黙阿弥、やり直し。

神の経綸(けいりん)、信じよ、人よ。古今を問わず、東西問わず、教えは同じ、

一つなり。全ての人に平等に、神は教えを伝えてきたり。知らぬはなきが如くに

ならば、宗教教団、役目を終えなん。

 

 

次なる世には、神と人、互いに等しく睦まじく、交信交流の術(すべ)を得て、

神のことばを直接に、聞くことかなわん、話すも可なり。その時までの辛抱を、

今の縁ある人々に、神は望みて、願いを託さん。次なる世にも健やかに、

心正しく直くあれかし。神との出会いを果たせるように、 今の現生を大切に。

再び、復活再生を、祈りて願えよ、衷心(ちゅうしん)から。

あだやかに、おろかに、軽率に、あなどり軽んじ、怠(なま)けるなかれ。

神との交信交流は、心の清き、直き者のみ、行いあたうる行なれば。

神との交信交流を、望まば、まずは慎みて、神に誓えよ。己の帰依(きえ)を。

神のことばを聞きたくば、まずは整え、高めよ、魂を。

自然の調和、宇宙の波動、人には本来、備えられたり。なれば、戻せよ、

宇宙の波長に。過ぎ去りし日の高い波長に。心も清く、無垢なほど、

容易に行い、高め得ん。心に疑いのあらば、波長は低まり、弱まらん。

余計な概念、知恵あらば、返りて波動は衰えん。無心になれよ、無の心。

何も思わず、何も感じず、ただ、無となれよ、真空に。

ことばも浮かばず、思いも消えて、ただあるものこそ、魂ならん。

早会(ひゃくえ)に意識を集中し、神との交信、それのみ念じよ。

やがて呼吸も整いて、寂たる境へ誘われん。その時聞こえん、感謝の声が。

己の内なる魂の、感謝を捧げる声は聞こえん。神のことばの聞こゆるも、

まさにその時、その瞬間。神のみ声は下ろされて、己の波動と共振、共鳴。

神のことばは聞こえなん。神の心を捉えよ、瞬時に。

神との波長の合いし一瞬。その時逃がさば、神は遠のき、またの機会を

待たねばならず。なれど、機会は訪れん。己の思いが高まり、清まり、

素直な感謝と無心の境地を、確かに己のものとすれば、神はいつにも波動を

送らる。神のことばを求むる時には、いつでも神は側におわさん。

この書記読みておる時にも、神は近くに見ておらるるぞ。読む者守りて、

喜びて、神を求むる祈りを待たる。耳に聞こえぬ声なれど、神は波動を

送られて、読む魂に、声をかけられる。

 

 

見えず、信じぬ者達よ、神の波動に調和せよ。己の我にて逆らえど、見えざる

魂は応えなん。己の強き我執におおわれ、汚れし衣をまといし者よ。

汚れを取りて、まずは対せよ。己の真の魂と。見えぬ変化に気付く時には、

魂浄化し、昇華も進まん。神に賜(たまわ)る魂を、己のものと間違うなかれ。

いずれお返しするなれば、汚れを浄めて、磨きて返せ。この世の曇りに覆われ

尽くし、己一人に浄め得ずは、神の禊(みそ)ぎを乞うてみよ。

己一人の行にては、魂なかなか清め得ず。なれば、神に頼れば、よけれ。

神に従い、付いてゆけ。一人の行は挫折も 多く、誘惑幻惑、思いも乱れん。

強き心のなき者ほど、神に頼れよ、守りて頂け。

神の思いは人の一人が、残さることなく再生すること。さなる清らな魂に、

浄めて救い、許したし。人の思いは神に届かぬ。人が勝手に祈りても、

神の心にそぐわずは、神には聞こえぬ、儚(はかな)く消えん。神の心に

適(かな)うまで、御魂磨けよ、輝かせ。神との交信交流は、易きことなり、

出来るが当然。ただ、一筋に道をゆけ。行積み、禊げよ、無欲なるまで。

 

 

神の心を知る者よ。神のことばを聞く者は、神の御用を行う者。人間心に

務め得ぬ、厳しき行なり、み役なり。なれども、進みて求むる者には、

必ず神はみ役与えん。神の心を、伝えてゆけよ。神の心を知る者たちよ。

神に心を伝えられ、ことばを聞かされ、読まされて、神を近くに感じる者よ。

汝(なんじ)は近くに仕えたり。神の足元、お側にて、すでに仕えて使われぬるを。

神に捧げよ、さらなる誠を。さらに使われ、み役得るよう、神に祈りて、

浄めて待てよ。人間心に先走るなよ。神は必ず御用を授け、その者、心を魂を、

さらに浄めて高めんために、十二分なるみ役を与えん。

それまで待てよ、あせらずに。次なる世には、甦り、必ず働き、手伝わん。

恐れることも、苛立つことも、案じることも、一切不要。

神の仕組みに任せばよけれ。人にはなし得ぬ奇跡の数々、目の当たりにせん、

次の世には。なれば忍びて、生まれ変われよ。次なる世まで生き長らえよ。

 

 

神の仕組みもようやくに、終わりのときを迎えなん。神は安んじ、任されん。

今ある人に、人々に。神の仕組みを進めるためには、神の手助けする者が、

必要なれば、集めたり。その数まだまだ不足なれども、さらに増えなん。

広がらん。神を助けよ、人々よ。神にも人の誠を伝えよ。神の心を喜ばせん

ため、神にも伝えよ、語れよ、望みを。

人の全てが変わり得る、希望を捨てるな、投げ出すな。神の心を落胆さすな。

神は願いて希望を託さん。明るき未来を、復活を、神は夢見て人に祈らる。

ありがたからずや、もったいなきを。かくまで優しき神の情けを、人は尊べ、

畏(かしこ)めよ。神に愛され、守られし、過去の幸せ、み恵みを、

今こそ返さん、人の誠で。神に使われ、役立ちて、さらに深めよ、感謝の思いを。

神に捧げて、み役終えなば、神えは迎ん、諸手拡げて。それまで努めよ、

まだ終わらぬぞ。さにて終わる。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/