読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎元ひとつ・神様のお名前について◎

     

 

神から人へ、人から神へ。伝え残すはすでになし。神への問いも

終わりのなり。神の答は常に変わらず、人の御魂(みたま)の救いと

なるよう、変わらぬ一つの真理のみ。さにて本日そなたの問いし、

神のみ名について。 神は本来、名もなき存在。宇宙の全てに遍満せる、

全てが神の顕現(けんげん)なれば、一つが全て、全てが一つ。

一つ一つに働きあれど、全てが仕組みの一部なり。なれば、個々に

分かちて名をつけども、神は全てを包括し、全てを動かす根源なり。

人間心の浅知恵は、別なる神と名づけども、元をたどれば唯一つのみ。

区別、境をふりかざし、何ゆえ争い、差をつけたがるや。

全てを敬(うやま)い、尊ぶべし。かしこみ、恐れ、慎むべし。なれど

神を遠ざくなかれ。近づき、かしずき、親しむべし。神のおみ名を

求むるは、神を身近に感ずるための、人間欲の顕(あら)われなれど、

そもまた人の方便なれば、致し方なし、仕方なし。神の力の発動に、

畏怖と感謝を奉(たてまつ)る、原始の人の信仰ならん。

 

 

なれど次なる次元の世には、神の世界は一元となり、人の世界も

調和を奏で不協和なるは一つもなし。さなる世界に区別は不要。

神は一つの大本なれば、人も一つの神に集いて、銘々使命を果たす

のみ。神におみ名をつけるべからず。神の目からは無用のこと。

神におみ名を求むべからず。神は区別も差別も設けず、人の全てを

愛するなれば、人も偉大な神の慈愛に、せめて誠で応えるべし。

狭き区別はいさかいの素。比較、競争、優劣、上下。全てくだらぬ、

あやまちならん。神に救いを求むるなら、己一人の救いになく、

全ての救いを求むべし。 神は一人の我欲を嫌う。自己中心の願いを

厭(いと)う。神は区別、差別を退け、全ての円満、融和を望む。

神は人へと願いてやまぬ。他人(ひと)との隔(へだ)て、差別をなくし、

互いをいたわり、分け合うを。神の世界に倣(なら)うべし。

遠き明日に実現するよう、今から備え、整えよ。神から人への願いを

受け止め、正しく伝えてこの世に起こせよ。さにて本日、神の世界に

区別なきこと、神のおみ名は人知にて、区別をつけるためなれば、

神の願いに悖(もと)ると知れよ。さにて。

 

 

 

 

神の声を伝える人      
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/