読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎嘆きのことばは不要なり◎

 

神から人へ。人から神へ。伝え残すも、教え残すも、今は終わりて何も

なければ、ただひたすらに信念を、己の思いを高め行くべし。迷う心は妨

げなり。疑う心は足かせなり。何も迷わず疑わず、真理の示す教えに従い、

神の導く方を向き、わき目振らずに歩むのみ。迷いためらう無駄な時間を、

神の祈りに捧げるべし。人への伝えに費やすべし。幾度も告げてきたように、

今こそ地球の危機の時。緊急危機の瀬戸際なれば、迷いためらう暇はなし。

考えあぐねて何もせず、一日を送る愚かさを、省み、慎み、避けるべし。

地球の波動を高めて浄めて、怒り、憎しみ、悲しみの、恨みの波動を

打ち消せよ。地球に広がり蔓延せる、怨嗟の呪詛を消し去れよ。

祈りのことば、感謝のことば、明るき清き、正しき言霊。嘆きのことばは

不要なり。悔いることばも発するなかれ。かえりて戻り、負と働くなれば 。 

正の発動、ことばの発露は、己の御魂(みたま)の奥底の、御魂の輝き、

光なれ、己の御魂をまずは清めて、曇りを消して落とすべし。その後、

感謝と喜びの、明るきことばを発するべし。御魂の汚れはことばに出でて、

波動を低め、弱める素なり。

 

 

 

あふれることばに迷いは無し。正しき真理のもとにて生まるる、神の

ことばに逡巡無し。一句一句の言霊に、神の願いを込めたれば、人も

迷わず従うべし。信じ、守りて、続くべし。神の示せる経綸に、

宇宙の進化発展に、人も遅れずついていくべし。今の時こそ、進化の岐路

なり。このまま滅び朽ち果つか、さらに栄えて伸びゆくか。

祈りを声にして発すべし。さらに己の御魂を磨けよ。ことばの波動に

祈りのこもらば、御魂は清まり、癒やされん。悪しき波動も鎮まりて、

地上の波動を転換せん。全ては祈り、言霊にあり。今この時に、最後の時に、

さらに望むは祈りのみ。祈りの言霊、感謝の言霊。全てはことばに、

人に託して、祈りを待たん。感謝を待たん。人の素直な、純粋の、無心の

祈りを切望せん。最後に伝えることはなけれど、変わらず望むは祈りのみ。

一人も多くの改心と、祈りを祈る人の増すこと。   

 

 

あの世を疑い神を信じず、この世の欲にうつつを抜かす哀れな御魂を

捨てるに忍ばず。なれど、今は決断の時。捨てらる魂、救わる魂。

自ら選ぶ最後の選択。神の定める運命(さだめ)にあらず。惑い、間違い、

踏み違い、暗き道へと分け入るなかれ。光の示す道を歩めよ。なれど、

そもまた、己の結果。いかに生くかの報(むく)いならん。切に祈らん。

一人も多くの御魂が救われ、迷わぬ事を。神の光を見失い、迷いさまよう

御魂を救えよ。困難なれど、希望は残れり。最後の望みを託して待たん。

今の集える者たちに。神と出会いし者たちに。世の妨害や、誹謗中傷、

そもひとつの糧(かて)とならん。己を鍛える素とならん。全ては自然に進み

ゆくもの。あせらず、信じて、道を歩めよ。神は全てを見通さん。神の示す

道から外れず、ただ安らかに神に任さば、迷いの曇りも晴れゆかん。

平らかなれよ、穏やかなれよ。心の安らぎ落ち着きを、静かに保てる人

なれよ。   

 

 

 

(地上の乱れを正す・この世を浄化する言霊 )

 

古代の人の祭りし如くに、御霊浄める儀式をなせよ。神を奉りて、

祝詞(のりと)をあげて、あまねく神に感謝捧げよ。祝詞は「ひふみ」と

「いろは」でよからん。人の誠のこもりなば、神は受け取り、祈(ね)ぎて、

祈らん。祈りと祈りの共振は、互いに高めて、波動を広げ、やがては

全ての人々の、魂癒して、言霊となる。言霊広がり、光の如くに、

地上の乱れを全て正さん。 

 

 

(ひふみの真の意味とは)

ひふみの願いは人の願い。神へと強く伝えんための、強き言霊、

霊力ならん。

 

 

(いろはの 真の意味とは)

神の願いを受け入れしこと、神の教えを守りしことを人の忠誠、

真正を神に示す意味なれば。

 

 

 (祝詞の唱え方)

よからぬことを思わず、健やかなるを心がけ、声も澄みてやわらかに、

清らに響く声にて唱えよ。言霊なるは響きなり。よき音色ほど波動も清く、

高く尊く清くあらん。                                                                                                                                

 

 

 DSCF0748いろは.JPG

 

 

「ひふみ祝詞(のりと)」


ひふみ  よいむなや こともちろらね 

しきる ゆゐ(wi)つわぬ    そを(wo)たはくめか  

うおえ にさりへて    のますあせゑ(we)ほれ- けん 

※3回続けて宣る

 


「いろは祝詞(のりと)」


いろは  にほへとち りぬるを(wo)わかよ   たれそ

つねならむ うゐ(wi)のおくやま   けふこえて 

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん   

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP   http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/