読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎地球の次元・次元の低い星◎

 

神から人へ、人を介して教えしことは、

全て神の御心なれば、急ぎて伝えて広めてゆけ。

今を逃さば後には遅く、全て終わりて取り返せぬ。

努力惜しまず、時間を惜しめよ。猶予の期限も近づき

ぬるを。地球の危機を救えよ、人よ。

神から人へ。 人の全ての改心。神への感謝の復活を。

神に捧げよ、真の帰依を。与えし生の全てを返せよ。

生ある限り、神に仕えよ。命の全てを神に捧げよ。

神の与えし生なれば、神に返すも理ならん。

その時浄めて元のまま、無垢なる魂、神に示せよ。 

 


(地球は最も次元の低い星と聞きました。その原因は

何なのか。どうすれば、次元を高めてゆけるので

しょうか。)

さても根本、基本の問いなり。

これより後の立て替え直しも、次元を高めるため

なれば。まずは最も大きな原因、そが心なり、

魂ならずや。

人の我欲が全ての根本。人の欲望、限りなし。

人より己を富ませたし。人より多くを手に入れたし。

人よりえらく人より強く、人を支配し束縛したし。

さなる欲望発達しぬれば、やがては戦争権力闘争。

人を支配す王座を争い、豊かな恵みを奪い合い。

なればこの世にあふるる恵みも、一部の人間

独占せり。貨幣を発明流通させて、貨幣が全ての

基準となり果つ。 人は生まれて死ぬまでに、

いかほどあらば生きられようか。

一生使いて余れる程の、自然を神は与えたり。

なれど、強欲、貪欲なるかな。

無残に荒廃、破壊され、再生危うし。絶滅近し。 

無限の慈愛を浪費して、枯渇寸前、不毛の大地よ。

神の嘆きもむべならざるや。人が自然と調和して、

動植物と共存せんよう、神の創りし地球、宇宙よ。

なれどかくまで疲弊しぬれば、地球は最期を

自ら招かん。人の罪なり。積年の罪。

禊ぎ(みそぎ)きれざる永年の罪。

人の我欲の結果なれば、神も救えぬ悲しき最期よ。

 

 

なれど、一部の目覚めし者が今この時の危急に気付き、

人類全ての救済賭けなば、神は歓び全てを許さん。

人の愛しき努力と献身。一人の努力は小さかるとも、

やがては広がり、地球を救わん。なれば、神は

望みを捨てず、一部なれども全てに等しき。

一人たるとも最期まで見守り、力を、光を与えん。 

心ある者、悟りし者よ。今は少なく、困難なれど、

今の努力が礎となり、必ず地球は甦らん。

夢を捨てるな。失うなかれ。あきらめしときに、

全ては終わらん。

神の願いを最期まで、忘れるなかれよ。叶えてくれよ。

日々に終りは近づきぬれば、全力尽くして捧げてくれよ。

人の誠を、献身を、神は望まん、最期の時まで。

さにて本日伝えぬること、よくかみしめて、

納めてくれよ。今の事態の根源を、今正さずは、

全て消えなん。そは心なり。忘れるなかれよ。

  

 

(地球の立て替え直しについて、お教え下さい。)   

この世の終わり。神のご意図を、経綸を。

この世の終りはこの世の始め。

全ては循環、巡りにあれば、たとえ終わりて滅びし後も、

必ず神は次のもの、新しき命を準備され、

次の世界へ、続けて残す。

なれば、恐れず身を持ちて、この世の浄めを手伝えよ。

必ず神は救いて助け、次の世にも残されん。

   

 
(立て替え直しをどう迎えればよいのでしょうか)

何度も伝え、教えしを。なれど再び伝えて教えん。

まずは浄めよ、ことばの音を。

音を浄めば、地上清まり、さらに心も癒されん。

音の力と光の力は、この世を浄めて、高めゆきなん。

その後人は、自らのあやまち気付きて、

神に詫び、帰依の心を取り戻すべし。なれど、

預けて任せしのみでは、神のお役に立ちはせぬ。

神のお役に立つための、最善努力を捧げるべけれ。

そがみ役なり、霊行なれば、神のお役に立つこと

のみを、信じ、働き、動け、休まず。

み役は人によりて異なる。

己の御霊に適いしことを、まずは誠心誠意をこめて、

神のお役に立つことを、歓び感謝し尽くせばよけれ。

全ては仕組まれ準備され、定めは働き、目覚まされ。

なれば、素直の者のみが、気づき働き、悟りて動く。

神の仕組みは始まりぬれば、遅れて動けど役には

立たぬぞ。今この時を逃すな、人よ。

神の御心、素直に受けよ。

 

 

心がけるは、何よりも先ずはことばなり。

ことばを正し、ことばを高め、ことばを清めること

から始めよ。

人類再生、回生のとき、ことばを乱せし者は残れず。

次元を高めし世に残れるは、正しきことばを使える者

のみ。人の命の根源に、ことばあるなり、礎ならん。

人の魂 御魂の奥には 神の与えしことばが眠り

人の目覚めを待つものなり。ことばの汚れし魂は 

神の眠りを覚ますことなく、自ら朽ちて枯れるを

待つのみ。

 

 

全てを神に、委ね預けよ。心高めて、清らに保て。

神の願いも今ようやくの、成就のときなり、

完成待たるる。

なれば、この世の立て替え直し、まずは恐れず、

素直に磨け。

今の生業、学業、霊行、それのみ行い、心安らげ、

つまらぬ執着取りてゆけ。さなれば必ず、神は

み役を示し教えん、人それぞれに。

そを歓びて働かば、世の立て替え直しも、留まらず、

無事に過ぎなん、何事もなく。 

 


(その中でも滅ぼされる魂があるのですから、

そうした魂を一人でも多く気づかせることが

必要ということでしょうか)

さなり。

まさにそのこと。今急がるるも、今のままでは、

大方の、魂滅ぼし、捨てねばならず。

残せる魂、役立つ魂、ほとんどなければ神も憂いぬ。

なれど、そもまた、運命なれば、己の生を変え得ぬ

者は、あきらめゆかん。神にもなせぬ。

浄めてゆくが第一なれば、まずはそれのみ努力せよ。

 

 
(自分の魂の清まりを、どのように知ればよい

のでしょうか)

神の定めに従わば、必ず清まり、高まるらん。

己の精進昇華の程を知りて何せん。何になる。

くだらぬことに心使わず、迷いを捨てるも修行なり。

心静かに預けゆけよ。心を静寂なる境涯に、

澄まして、端然、動じず無欲に。そのみを願いて、

無心となれよ。それのみ神も願うものなれ。

 

  

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/