読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎心の富・心の財・御魂の光◎

 

神から人。神から人に伝え教え、使わせ、そして許ししものに、

ことばあり。力あり。み業あり。主の神あり。神事あり、祝詞

あり。祭りあり。さにて諸々の、神と通じる多くのこと、もの、

教え、お伝え、全てに、神のご意図あり。ご意志あり。願いあり。

なれば、人はそれを読み取り、汲み取りて、一字一句、

半言半句もおろそかにせず、無駄にせず、ないがしろにせず、

行い、行じ、奉(たてまつ)りて、神に感謝捧げ、日々の祈りを

欠かすことなく、己の誠を示してゆけよ。ときに辛く苦しい時も、

疲れ、体 重く、眠り足りぬ時も、神のことは第一なれば、

怠(なま)けるなく、怠たることなく、神に仕え、神に応えて、

己磨く糧(かて)とせよ。

 

 

永久の栄光、神とある。神と共にある時、人は、光に照らされ、

病を癒し、心満たされ、感謝に包まる。なれば人は、一人の

ときも、共にあるときも、神の近きにあるなれば、決して神を

忘れず、神に守らることを知り、信じ安んじ、神にゆだねよ。

平らかな、広やかな、なだらかな、おおらかな、遥かに見渡す

大地のように、神の慈愛は人を包む。人を守る。人を育む。

なれば人は、常に神を忘れず、神に感謝し、安んじて、日々の

行を行なえばよい。何の憂いも要らず。何の慮(おもんばか)りも

要らぬ。ただ己の行を、つつがなく、とどこおりなく、素直に

行じる。真面目に行じる。心を込めて、誠を込めて、魂込めて、

己の全身全霊で、神に仕えることを念じ、神に役立つことを信じ、

救わることを思い、ただひたすらの、包みない誠をもちて、

神に使われ、神に働かさることを喜ぶ。さなる心の、魂の、

思いの者は、必ずや神のみ元に思い届かん。神の御心喜ばさん。

さにて、神は、その者使う。み役与える。ことばを伝う。光を

与える。力を使わす。なれば、その時、人の子は、神のみ力

与えられ、真の神の子となりて、この世での、神の仕事を助け

ゆく。神の心を叶え行く。心改め、真摯(しんし)に受けて、

謹厳実直、厳粛に、神のみ役を受け入れよ。

 

 

尽きせぬ喜び、真の幸せ、真の富は、心の富。使い使うも

なくならず、与え与うも、減りゆかぬ。されば人は、心富ませ、

心豊かに人に与えよ。惜しみなく。神の光と、ことばと光。

神から賜る全てのみ恵み。与え、拡げよ、神のみ恵み。与うる

ほどに、さらに増してゆく。拡げるほどにさらに輝く。

心豊かな真の富は、心の蔵に増やさん。神の心に適いし富は、

心の富と、神への感謝。多くあらば多きほどに、深くあらば

深き程に、さらに心を富ませ、さらに光を強めゆく。光に

満たされ、輝き増さん、心の蔵に眠りし財宝。

 

 

財と罪とは、同じなり。この世の罪は、あの世の罪。取りゆき、

禊いで、汚れ落とせよ。あの世に持ち来ることなかれ。持ちて

可なるは、心の財。磨き、浄めて、輝き増せよ。光増させよ、

日々の行にて。誠のこもりし、真の霊行。神に賜る霊行は、

人の心を高め行く。人の御魂を、浄めゆく。さなる昇華、

精進と、さなる感謝、心の下座。こだわり捨てよ。執着はずせ。

軽く、自由に、のびのびと、己の魂のおもむくまま、神の示さる

道に従い、喜び、輝き満たされて、神に使われ、生かされる。

人は、かくも幸いなる、心の富を持ちしもの。神に許さる幸せは、

心の富を手に入れること。心の富と、御魂の光。神に賜る、

真のみ恵み。さにて本日伝え終わる。これからも、行を通じて

考えられよ、伝えしことの真の意味と、神のご意図、神の神意を。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/