読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎テロ・戦争・殺戮・破壊について◎

 

神から人へ、人から神へ。多くの人の役に立つ、教えを乞いて、

人にも知らせよ。知らずに過ごす世の人々の、迷妄愚妹を

晴らすべし。そにて賜る神の恩寵、慈愛を受け取れよ。

神の慈愛はさらにも深く、心の底まで染みゆきて、御魂の、

深奥までも、慈愛の光で照らしなん。神の慈愛を知らずして、

あの世に帰る不幸せを、憐(あわれ)み、悲しみ、嘆くべし。

人に広げて、残る地もなく、地球全てを覆うべし。

神の栄光、祝福を、今より準備し待ち受けよ。近くに控えて

今や遅しと、待ちわび見守る多くの神々、神霊たちの期待を

背に受け、己のなせる全てを尽くせ。神は早くに準備を整え、

今は気づきを待つのみ。人の目覚めと真の悟り。向上進歩を

己に課して、昇華(しょうげ)にいそしむ霊の満ちぬる、

光溢れる時を待たん。時の流れと人の進歩と、互いに前後し

進みゆかん。時の流れに取り残されぬよう、乗り遅れぬよう、

昇華に励めよ。 

 

 

時はいよいよ厳しき世となり、己の禊(みそ)ぎとなりて、

さらにも辛き禊ぎとならん。なれば、人は遅れるなく、

神の求める厳しき行をも、喜び、甘受し、感謝を捧げよ。

己の汚(けが)れを落としゆきつつ、御魂の波動を高めあげ、

地球の波動に共振し、地球と共なる運命に組せよ。

人間のみの進化にあらず。地球と共なる進化なり。

宇宙と一体、地球と同体、自然と同化し、調和せよ。

地球の一隅、隅々までも、光の届き、浄め上げなん。

自然の衰え、荒廃も、光の波動で力を与えん。神の

次なる世界には、新しき命を賜りて、さらにも高き波動と

なりて、この世を再び創り直さん。今のこの世の地球と

異なる、思いも及ばぬ世とならん。

なれば今の世、この世の者よ、恐ることなく、悪びれる

なく、素直に神と対峙して、己のみ役を賜れよ。望まば、

必ず与えられん。さてもかしこき、ありがたき役。

御魂に見合う、己に適う、過不足のなき、最適の役。

神は量りて誤ることなく、それぞれに課さん、神のお役を。

 

 

(戦争やテロについて) 

人の犯せる数々の、あやまち、罪の最も重き、野蛮さ、

愚(おろ)かさの、最たるものが テロ、戦争、殺戮、脅迫、

拷問。大義の下に殺戮、破壊。許さる訳なく、救わること

なし。永久に御魂に傷をつけて、自ら癒せる贖(あがな)い

なし。この世に生まれてなすべきことを、なし終える前に

殺されし、無念の思いは晴れることなく、終生迷いて、

さまよわん。テロの多き今世よ。多くの犠牲を払い、

人の学ぶはいかばかり。全てが人の魂を、最も汚す行い

なれば、神の与えし魂を犯し汚して、気づきもせずに、

罪の上塗り、積み重ねなり。神の願いに最も遠く、最も

最悪な罪。人は人にて、神にあらず。神の御霊(みたま)を

与えども、数々の不足、欠如あるもの。

なれば人はこの世にて、御霊を磨きて神に近づく、その

ためにある現世なり。他人の行を侵して、修行の邪魔を

せし者は、消し得ぬ罪を残せしもの。他人の御霊の自由を

縛り、御霊の向上進化を妨げ、恐怖不安に陥れる罪。

さなる行為は許されず。人の御霊を苦しめ殺(あや)め、

人の尊厳、命を貶(おとし)め、人たるゆえんを迫害せん

もの。なればそれらの罪科は、再び再生するにあたわず。

浄めて浄めず、禊ぎて禊げず。この世の果てに閉じ込め

られなん。全て神の心に背く、罪深き罪、重き罪。

 

 

人は恐れず屈せずに、平和のための祈りを高めるべし。

日本の果たす役割は、軍隊派遣便乗せず、協調共和の路線を

貫き、血を流すなく、流さるるなく、平和を訴え働くべし。

同じ戦地に立たされなば、必ず流血、混乱招かん。日本は

かつて神に誓いし。この世の立て替え、立て直さんと。

なれば日本の姿勢を世界に示し、テロの虚しさ、愚かさを、

失うものの大きさを、世界の民にも伝えるべきなり。

血で血を洗う繰り返し。絶えることなき殺人殺戮。

飽きることなく、改まるなく。何を学びて、何を伝えん。

価値あるものの破壊と、尊き命の代償は、恐怖と支配の

渦巻く世なり。なれども人は屈するなかれ。この世に

生きて御霊を磨き、神に許され死ぬ生ならば、早し遅しに

こだわるなかれ。永らえ生きて役目を果たし、滞りなく、

務めを終えよ。そのためなれば、この世の命は。

命の終わりは必然なり。偶然なるは一つもなし。死すべき

時は神のみぞ知る。なれば不安を持つも無駄なり。

泰然自若と死を受け入れよ。死を与えらるるも恵みなり。

病も貧も災いも、神の与えし愛なれば、全てに感謝の思いを

持ちて、生きることへの一途の感謝を。

 

 

この世の出会い、別れ、再会。神の仕組みの巧(うま)さに、

気づき、感謝し、喜ぶべし。人一人一人の運命は、全て

人との出会いにあらん。人との出会いの奥底の、神の

ご意図を読み取りなば、必ず人は敬虔なる、神への信を

高めなん。流れを定め、勢いを変え、自ら選ぶが人生なり。

人との出会いに何を学ぶか、それにて人の生は変わらん。

死までの短き時の間に、出会う人から多くを得、多くを

学び、多くを与えよ。与えるほどに豊かに富みて、

輝く光は増し増さん。全ては神の経論(けいりん)のまま、

無駄なく進みて滞りなし。人になしうることの小さく、

儚(はかな)き定めに終わるを悟りて、神の示せし最善の

生を送らばよからん。他人の行の邪魔をせず、神の道から

離れずに、人の道をば進めいけよ。  日々に祈りて波動を

送り、天に届けて結果を待て。 

 

 

一人の祈りは万人の、波動を整え高め得ん。無駄なる祈りは

一つもなし。さらに早まり広がるように、神への信を貫く

のみ。神は見届け見守るなり。

神を信じきれるか、疑い迷いて信じきれぬか。全ては己の

思いの中に、答えは心の内に。全ては神の意図のまま、

経綸成就の顕(あらわ)れなれば、恐れ不安は持つなかれ。

何度も伝えしことなれど、神の許さぬことは起こらず。

全てが宇宙の法則のまま。真理のうちに進みてゆかん。

なれば人は迷いなく、見極める目を養いて、現象事象に

踊らされず、地に足を付け見通せよ。いつかはたどり着く、

新しき世の始まりを、あわてることなく準備せよ。

地道に整え、怠りなく、周到なまでに用意して、後は

神に任せて待てよ。最後の段階、仕上げなり。さらにも

引き締め、浮き足立たず、最後の一歩を踏み出せよ。

さにて仕組みは完遂せん。新しき世は明けん。さにて

本日、しかと人に託せしぞ。伝えしことをよくかみしめ、

御魂に入れよ。肚に納めよ。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「神誥記」「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/