読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎この世を旅立った人への祈り◎

 

 

神から人へ、人から神へ。現世の出会いも、別れも、縁も、

全ては神に仕組まれしもの。人はこの世に出会いし人と、

その和を保ちて生き永らえて、さにてこの世の み役を果たす。

尊き出会いは神のみ恵み。己の御魂の向上のため、神に賜る縁

なれば。人は宿世(すくせ)のしがらみを捨て、過去の執念、

執着取りて、現世の生を許さるものなれ、ただひたすらに、

今世の行を、尊み、畏(かしこ)み、行うべけれ。迷い、疑い、

ためらいは、御魂の成長、進化と共に、外(はず)していけよ、

離れゆけ。残さる時の短きを、惜しまば、神への信 一筋に、

捧げるものは御魂のみ。この世の行に、疲れし身には、

神の光が降り注がれむ。やがては御魂は肉体離れ、永久の

浄土に生まれ変わらむ。清き祈りの言霊は、御魂を清め、

地をも清めむ。なれば人は、言霊を、さらにも高めて、

神へと捧げよ。あの世に映れる乱れ狂いは、この世の言葉の

乱れなり。

 

 

亡き人となりぬる人の御魂にも、祝いのことばを奉(たてまつ)らむ。

在りし日 立てし、人の功(いさお)を讃(たた)え、奉(まつ)れよ、

慰めよ。あの世に働くその御魂に、この世のことばの息吹きを

伝えよ。人の思いを言霊に変え、祝詞となさば、届けられむ。

この世とあの世はつながれるもの。境はありてなき如し。いまだ

遅れし地上の進化よ。人の霊性向上のため、往(い)ぬる御魂は

働きており。この世に在りしその時よりも、今や彼岸に休むこと

なし。肉体離れし今際(いまわ)の時より、御魂は真の自由を得、

この世とあの世を行きつ戻りつ、神の使いのみ役に勤(いそ)しむ。

嘆き悲しむ心は無用。今や御魂は天界を、縦横無尽に翔(かけ)り

たまえば。 



 

この世の縁は切れることなし。神との縁を深めゆかば、人との

縁も強まりゆかむ。神にて結ばる縁こそは、人の全ての見えない絆、

全てが宇宙につながるる、一(いつ)なるものの思いの始め。

一(ひと)つなるもの、同じもの。全ては神の み心なれば。

明るき心で見送れよ。御魂は喜び、神の命(みこと)を、勇み、

励みて勢い増さむ。手向(たむ)ける言葉は感謝の言霊。

この世に生の在りし時、共に過ごせし幸いを、稀有なる縁を

言祝(ことほ)げよ。御魂は時空、次元を超えて、地上の平和の

実現のため、今にも増して貢献せむ。現世を生きる者たちは、

祈りの言葉を捧げるべし。御魂のさらなる活躍を、共に後押し、

働かむ。神のご意図を知る者たちは、神の縁にて結ばるる者。

寂しき思いは錯覚なりと、遺(のこ)さる者は、早くに気づけよ。

全ては神の経綸なれば、無駄なるものは一つもなし。一人の

死さえも、尊き意味あり。そを知る機会と気づかれよ。さにて。

 


 

 

平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/