読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎人の全ての償いの祈り・お詫びの祈り◎


 

神から人へ。人から神へ。

その働きをさらにも高めて、さらに働き、役を果たせよ。

人類危急の、危難の時を、みなが集まり、祈りを高めて、

人類再生創世の次代を築きて、役を担(にな)えよ。

全ては人の努力にかかり、人一人一人の思いによらん。

なれば、全ては一から始まり、一に終わりて、収束迎えん。

人の一人が欠けるとも、経綸(けいりん)仕組みは変わらず進む。

なれど、一人の不足、欠如は、多くの犠牲を伴わん。 

なれば、人は努力を惜しまず、人の一つの命かけても、

最後の一人も残さぬように、神の仕組みを手伝うべし。

さなる努力の急がれる時。さらなる献身、奉仕を望む。

一に努力を、行動を、迷わぬ祈りを神に捧げて、疑い迷いの

曇りを消して、神に仕える幸運祝い、神の教えに従うべし。

今は一途に進むのみ。

脇見よそ見するそのひまに、迷わぬ一歩を踏み出すべし。

 

 


 


 

何の恐れも、ためらいもなし。神の教えに狂いなければ、

伝える者も曲げることなく、己の勝手な独善偽善、

己の慢心、傲慢(ごうまん)捨てて、素直に謙虚に働くべし。

神に望まる人になれよ。いずれも神に選ばれし者。

神の教えを忠実に、この世に写し、実現せんため、

この世に降りし者なれば、神と交わせし約束、誓いを

忘るることなく、余すことなく果たして戻れよ。

神の世界と現世を結ぶ、一つの架け橋、絆となれよ。

 

 


 


 

現世の迷い、悩める者を、一人も多く、あの世と結び、

この世の浮世に漂う者を、あの世につなぎて、救いやれよ。

ますます多くの迷える者が、この世に溢(あふ)れ、さまよわん。

さなる苦悩を祈りの波動で食い止めよ。 

この世を覆う恨(うら)み、憎しみ、適と味方の二者に分かれて

相手を倒し、滅ぼさんと、暴力武力に血道をあげて、

さらにも犠牲を増やす愚かさ。人の痛みを測ることなく、

ただ、己の利害のみ、損得ばかりに目を奪われて、

この世の地獄を招きし過去よ。今こそ改め、つぐなう時なり。

過去のあやまち、罪科(つみとが)を禊(みそ)ぎ清めて、

詫びる時なり。人の全てが同罪なれば、他人に責を押し付ける

なく、一人一人が悔(く)いるべし。一人の罪は一人にあらず。

全てが招きし罪なれば、富を重ねし過去からの、先人故人に

変わりて悔いよ。罪の禊ぎの終わりし時こそ、この世の波動は

正され高まり祈りの言葉は広がらん。

波動の乱れを改めて、地軸の狂いを正して回さん。

徐々に広がる乱れ狂いを、正しき動きに戻すべし。

祈りの波動が力を強め 宇宙の動きを速めさせん。

なれば人は祈りを欠かさず 地球の動きに力を与えよ。

 

 


 


 

神の望まる働きとは、一人も多くの祈りが高まり

この世に満ちて溢るることなり。一日の遅れは、一日にあらず。

積もり積もりて、一年十年、やがては百万年とならん。

人の進化の遅れしも、全ては一人の慢心から。

波動の広がり促(うなが)すものは、己の心一つにあり。

一人の祈りが全てならん。全てを補う力あり。

さにて終わらん。


 


 


 


 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 http://kukurihime.blog.jp/