読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎一年生きても、百年生きても◎ 

 

神から人へ。神から人へ、教えしことのは。文字と光と力と業(わざ)を、

人は残らず果たすが大事。人の思いのつまらぬ葛藤、くだらぬ詮索、

疑い、迷い、全ては人の汚れと曇り。神のことばを聞く耳あらば、

人は迷わず導かれゆけ。神のことばの変わらぬ意味を、正しく、迷わず、

汲み取ればよし。人の最後の上昇の時。神にもわからぬその後のこと。

幾人残りて、幾人果つるか。なれどもそもまた人の責任。

己を救えぬ魂ならば、神にも救えぬ、自然法則。神の作りて定めし法則。

 

 

全ては狂わず、ただ進みゆく。時間の流れもその一つ。時間の長さは

意味無き基準。神の時間に終わりなければ。なれどこの世の時間は有限。

はじめと終わりの境もあるらん。なれど真(まこと)は、無限、永遠。

常に変わりて進みゆくなれ、後にも先にも順番なかり。

時は続きて絶え間のなければ、人は無限をただ生くるのみ。

時の瞬間、瞬間は、瞬間ならず、長さのあらず。ただその時を無限と

捉(とら)えよ。神の時間を、己のものに。

神には全てが今ならん。全ての時が現在なれば、過去も、未来も、今と

変わらず。神の時間を生き得るものは、不老の命を可能にせんもの。

 

 

時間の長さに意味のなし。人にはそれぞれの一年あり。人それぞれに

長さは異なる。一年生きても百年程の、多くの悟りを得る者あらん。

百年生きても、生まれしままにて、何の昇華(しょうげ)も果たさぬ者あり。

人にそれぞれ時間あり。時間を超えて、今を掴(つか)めよ。

今この時に全てを込めて、全身全霊傾け生きよ。無駄な思いは役にも

立たず。ただに信じて安らかに。よきことなさば、よきこと起こらん。

よきこと思わば、よく表れん。全ては己の想念一つ。祈りの高さと

強さによらん。神の願いをよく聞けよ。よく汲み取りて、神を手伝え。

 

 

今も昔も同じこの世よ。この世に伝えし神のことばよ。変わらぬ教えと、

真実なれば、人も改め、確かめ、生きよ。迷い、乱れは、人の常。

現象のみしか信じぬ愚(おろ)かさ。その奥にある真実を、神の真理を、

見えぬものなれ。なれど、悟りて、正しく見るは、必ず己の行い高めん。

物質のみに目を奪われて、心の奥底、魂の、汚れ曇りを増すことなかれ。

さらに磨きて、曇りを落とし、浄き魂、高めてくれよ。

さにて本日、そなたの迷い、心の不安を、察して教えし。この後多少の

不安もあらん。よく励まして、自ら越えよ。

この世の修行に意味あらばこそ、この世を生きて、しかと果たせよ。

神の心を信じ、委ねよ。己の最善、尽くすべし。先を案じず、後ろを見ず、

ただ今のみを、それのみを。悔み、悔いるに、何も変わらず。

ただ前を見て、行い決めよ。よく生き、思い、祈りて生きよ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/

神から人へ◎曇らぬ心で明るき未来を思うべし◎

 

神から人へ、人から神へ。多くの人の手を集め、力を集め、

声を集め、祈りを高めて乗り切れよ。今の世の中、現状の、

一つ一つに込められし、神の思いを読み取れよ。何よりも

まず、あせらずあわてず、己の課されし行に励みて、

心の乱れを起こすことなく、ただ平穏に平静に、今この時の

瞬間に、己の全霊 全てを込めて、神の道に外れぬように、

祈りを込めて行わばよし。人の心の迷い、惑(まど)いは、

全て人知の愚かな欲なり。なればそれを捨て、

乱れをなくして、唯に尊き祈りの心で、人類全ての救済と、

地球の平和を祈るがよからん。何を思うも案ずるも、

全ては無駄の人間心。神の前にゆだ)なば、何のわずらい、

不安無し。

 

 

人は勝手に先回りして、心配恐怖を先に立て、あわてる

ばかりで行い無し。なれど誠の行いは、今このときに根を

張る如く、地に足をつけ、気を定め、祈りのことばを忘れずに、

感謝の思いで満たされるもの。なれば、全ては平凡なり。

平凡なれど、容易になせぬ。何よりもまず、己を見つめよ。

今の己の心の奥に、わずかなりとも計算なきか。楽のみ

求めて、近道探し、努力を怠(おこた)り、実りを欲する。

人間心の怠(なま)け心は、今の瞬間、危機を生きるに、最も

忌むべき、危うき心。よく戒めて、律すべし。自ら省み、

正すべし。人の忠告待つことなく、まずは始めよ、己から。

今はそれのみ求むなり。それさえなさば、何も求めぬ。

 

 

最後の瞬間、危機を超え、無事に次代を生き延びよ。生きて

残るがまずは先決。短き間なり、残りの時は。なれば時間を

無駄にせず、常に御魂(みたま)を磨き浄めて、日々の努力を

大切にせよ。伝えるべきは常に変わらず。神の求むる人の

修行は、行い、心と、ことばの浄め。感謝と素直な気持ちを

持ちて、常に曇らぬ心を保ち、明るき未来を思うべし。

案じて何も変わることなし。恐れて救わることはなし。

全ては己の今の生き方。思いの持ち方、心の置き方。

繰り返しなれども、飽きることなく、続ける努力に価値の

あり。日々に変わりて、留まることなく、変化を求めて

すぐに倦(う)む。さなる不満の日々ならば、御魂の光は

強まらぬ。忍耐努力、変わらぬ日々を、心新たに生きる

ことこそ、最も尊き魂ならん。さにて本日、最も基本の

人間の、人類普遍の生き方示せり、よく肚に入れ、肝に

納めよ。さにて。

 

 

         

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/

 
 

 

巫女より ◎三輪の祈りとは・最後の審判の前に◎

 

(三輪の祈りとは・最後の審判の前に)

2017年3月より神の国である日本国民は、言霊を大切にし 

言葉を浄め、行いを改めます。古代の魂の人、覚醒した人、

霊格の高い人が、人々に神様の言葉を伝え、正しく生きる為の

気付きを与え、神様が人間に授けて下さった言葉を、

人を傷つける為に使うのをやめ、平和のために使います。

音霊、言霊、祈りと祝詞、お経、神楽、お祭り、 良質な音楽、

日本の文化と芸能、芸術で神様と繋がり、

神様に感謝の言葉を伝え、高い霊性を取り戻していく努力をし、

一人でも多く、神様が準備して下さった平和な次元へ行ける

よう、働かせていただきます。また人類がここまで、神様が

お創りになった地球を穢してしまったことを、お詫び致します。

天の神様、地の神様、どうかこれ以上、人間が地球を壊しま

せんよう、お導きを宜しくお願い致します。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


三輪の祈り、ひふみの祈りとは、「最後の審判」の前に、

神様の分け御霊(みたま)である人類が、物質金銭への執着と

我欲を離れ、人の幸せ、世界の平和を願うこと、

自分の命、生かされていることに神様の慈愛を感じ、

縁ある人と、ささやかな幸せに、感謝をしながら生きること、

神様がお創りになった自然を大切にし、自然に触れ、

自然に癒され、人間も自然の一部だと気づくこと、

機械への依存をやめ、人と繋がり、弱き者を助けること、

失った自信と、明るい想念を取り戻し、これから始まる

平和な次元へ、多くの人が進んでいけますように、

という祈りです。

また、人の祈りと、天の神様の祈り、地の神様の祈りを

一つに繋ぐお役目の、菊理媛神(くくりひめ)様の御霊の

女性が、現在行っている祈りの事です。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



        

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/

神から人へ ◎人類を救う言霊・祝詞3種◎

 

 

神から人へ、人から神へ。尽きない欲望、果てない憎悪。
人はこの世の終わりまで、真の英知を求めぬままか。
人には多くの機会あり。成長、気づき、学びに悟り。
全ての機会を無駄にせず、何故さらに求めずや。さにて
本日、神の世界について、一部を伝えむ。
神の世界は次元を超えて、瞬時に移動し、全てを意識し、
全てが意識の世界なれ、宇宙は一つの体内の如。
宇宙の意思は 遍(あまね)く満ちて、大地も、水も、空気も、
人も、あらゆる動物、植物も、宇宙の意思を表わすものなり。
なればこの世も神の世界、宇宙の意思の顕現(けんげん)
せるもの。神の世界は特別ならず。人の世界とつながりて、
人も神の御心の内、神の心を生きて表わす。高次の次元の
宇宙の意思を、人はこの世の次元に映し、この世の次元で
神の慈愛を、物質次元に現象化せる。



なれども神の、宇宙の意思は、物質次元に伝わりにくし。
人は各々勝手に生きて、己の欲に動かされ、宇宙の意思も、
神の慈愛も、地球の恵みも、忘れて生きる。人は進化を
するほどに、神の世界を遠ざかり、人の次元に心を奪われ、
尊かるべき霊性を、高める務めも放棄せり。神の世界は
遠くにあらず。全ては己の心の内に、神の世界を秘めしもの。
本来ありし地球の自然は、神の世界を現出せるもの。
人は宇宙の、神の願いを、祈りを担う生命なれば、
最も神の世界に近き、宇宙の進化の粋(すい)ならむ。
人の内なる聖なるものは、宇宙の意思を求めて止まぬ。
なれど人は、知能を持ちて、大なる宇宙の意思を閉じ込め、
目先の利益や損得の計算ばかりに、奔走せる。



神の世界に近づきたくば、ことばの使用を、正すが始め。
真の幸とは、豊かさとは、無くしてならぬ気高さとは。
ことばを持ちしその時より、人はことばの奴隷となりて、
ことばに心を支配されぬる。無駄な悩みや無益な嫉み、
無用の恐れの、全ての元は、ことばの作りし幻なれば。
神の世界に戻るには、ことばの奥の言霊を、心の底に
響かせること。時空を超えて、つながりて、心の奥の、
内なる霊性、そを目覚ますが、言霊ならむ。
人の忘れし、信仰心、神を求める敬虔さこそ、今の人類、
地球を救う、最後の手段、方途なり。失われしは多くとも、
まだ間に合うと、人に伝えよ。希望を捨てず、未来を信じ、
地球の復活、再生を、人の心に呼び掛けよ。病みし地球を
見守りて、人の真の改心を、御魂の目覚めを待ち続けむ。
神の世界は心の内より、人の目覚めを促さむ。



宇宙の意思は、人を生かして、宇宙の進化を、成就せむ。
宇宙の意思は、神の願いは、人が自ら霊性の進化を進める、
そのことのみ。人の進化を、神は喜び、その繁栄を祝わむと、
そばにて人を導かるる。人も地球も、神も宇宙も、表われ方の
違いのみ。人は次元の最も低き、物質次元の生命なれば、
なかなか宇宙の意思をわからず。己の愚かさ、幼さを、知るが
始めの進歩とならむ。神のことばを言霊を、わからざるとも
響かせよ。宇宙の意思は呼応せむ。聖なる目覚めが訪れむ。
先ずは言霊、それのみなり。さにて。



(地上の乱れを正す・この世を浄化する言霊 )
古代の人の祭りし如くに、御霊浄める儀式をなせよ。神を
奉りて、祝詞(のりと)をあげて、あまねく神に感謝捧げよ。
祝詞は「ひふみ」と 「いろは」でよからん。人の誠のこもり
なば、神は受け取り、祈(ね)ぎて、祈らん。祈りと祈りの
共振は、互いに高めて、波動を広げ、やがては全ての
人々の、魂癒して、言霊となる。言霊広がり、光の如くに、
地上の乱れを全て正さん。  

 

 

(はじめに2拍手、終わりに3拍手して下さい) 

「いろは祝詞(のりと)」

いろは  にほへとち りぬるを(wo)わかよ   たれそ

つねならむ うゐ(wi)のおくやま   けふこえて 

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん  

「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや こともちろらね 

しきる ゆゐ(wi)つわぬ    そを(wo)たはくめか 

うおえ にさりへて    のますあせゑ(we)ほれ- けん

※3回続けて宣る  

 

 

(はじめに2拍手、終わりに3拍手して下さい) 

 あまてらすおほみかみ」

あぁーまぁーてぇーらぁーすぅーーおぉーほぉーみぃー

かぁーみぃー (ゆっくり、はっきり、11回繰り返す)

11回目は最後の音をみぃーーーーーーーと伸ばして下さい

 

 

 

3種の祝詞は「真理の御霊」に辿り着いた人全てに許可されて
いますので、神棚、観音様の前で1日1回奏上して下さい。
全ての方が世界平和と、
原発の停止への思いを神様に伝え、
祝詞を奏上して
下されば大きな力となり、多くの神々の協力を
得る事が出来ます。あまてらすおほみかみ様とは、天戸開きで
新しい世(次元)に出てこられる天界の神「真性天照大神様」で、
正式名は「天之常立尊日立之宮様」です。神界は、2016年
8月8日に国創りの神である伊弉諾(いざなぎ)様と
伊弉冉(いざなみ)様が、娘の菊理媛命(くくりひめのみこと)様
のお働きにより復縁され、「かごめかごめ」の歌の世明けの晩
(今の暗い世)に鶴と亀が統べりました。また、新次元で働かれる
あまてらすおほみかみ様と菊理媛命様は2016年10月10日に
結婚されました。いよいよミロクの世が明ける時が近づいて
います。

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「真理の御霊」 最後の審判について
http://blog.livedoor.jp/hikarinomirai-mirokunoyo/archives/18847014.html

 

 

神から人へ 「神に守られ、この世を生きよ」

 

 

神から人。神から人、人から神へ。心と心、体と体、魂と魂。全てが別の

ものなれど、互いに流れる奥底の、命の清流、根源には、必ず神の祈りあり。

神の願いを表せる、人の肉体、魂は、人の汚れも浄(きよ)め、祓(はら)い、

神の願いを実現するよう、不可能なきほど高き力と、無限の幸い、恵みを

備えり。なれば、浄めて、それら力を、残すことなく使いきり、力の余りも

ないまでに、使い果たすが使命なり。人は、一人の力にてはなし得ぬことも

多くあるを、神の力頂きて、初めて不可能、可能とならん。

神の光は無限の恵み。人の一生、全てをかけても、何ら偉業もなし得ぬを、

神の力の助けを獲れば、一瞬にして、全てが起こらん。神の力に頼らんことを、

恥じるは愚かな気遣いなれば、人は赤子の無邪気さで、神に頼りてすがらば

よけれ。つまらぬ心配、見栄を張り、最も大事な霊行を、果たさず帰らば、

悔いも残らん。

 

 

 

この世の人の虚栄虚勢は、真の価値を競わずに、ただの物質権力の、見せ合い、

出し合い、比べ合い。いつしか曇りて何も見えず、 目先の利害を追いかけて、

踏み外し堕て、煩悩地獄。人の苦しみ、悩みの始めは、全てが己の我欲なり。

人の幸せ祈る者なら、決して陥いることもなし。暗く濁れる嫉妬と増悪。

怒り、悲しみ、憎しみ、恨み。避けて通れよ、可能な限り。心弱りし者ほどに、

たやすく堕ちなん、苦悩煉獄。己の増悪に汚れ深めて、自ら償う罪の重さよ。

人は神の子。汚れぬ魂。明るき光に包まれて、この世を歩めよ。行を積め。

くだらぬわずらい、心配は、重荷となるらん、軽く自由に、伸びやかに、

翼広げて、天翔けよ。神の光に心浄めて、明日の希望をふくらませ、精一杯に

生き抜けよ。喜び、悲しみ、数あれど、神の願いはただ一つ。人の幸せ、

明るき笑顔。それさえあらば、神は満たさる。

人が憎みていがみあい、罵(ののし)り合うこそ、嘆きの素なれ。神の心を

苦しめる、行い、ことばは慎めよ。神の心を楽しませ、歓ばせんことのみ思え。

それが神の祈りなり。人が行う最も尊き、神への感謝は祈りなり。

神を和ませ、歓ばせ、神の心に適うよう、それのみ願いて、それのみ祈れよ。

さすれば、神は示されん。一人一人の行くべき道を。恨みつらみは醜き所業。

決して起こすな。芽生えさすな。人を汚して己を汚し、己の魂を低めるのみ

なれ。人間心の小ささ、低さよ。神の心の大らかさ、寛さにならえよ。

 

 

 

人間心の尺度に量り、人間心に行わば、いずれはあやまち、我に迷わん。

人間心は狭きもの。全ての基準が己にあらば。

人間心の基準を離れ、神の基準を手に入れよ。神の基準は宇宙原理の、

恒久普遍の真理なり。人の心のままに生きなば、未来永劫に手にし得ぬ、

理論理屈を超えし基準よ。人の心を離れし者は、御魂の奥に光を得られん。

人の心と引き替えに、神から賜る贈り物。内の輝く魂は、必ず現れ、

光を放たん。隠して隠せぬ、真の光よ。あふるる光をいかに隠さん。

まばゆく照らせよ、周囲四方を。あふれしままに、あふれさせ、流れるままに

流れてゆけよ。この世を潤わせ、輝かせ。この世を神の光で満たせ。

 

 

 

四方に飛んで、四方の神を、神のみ国を浄め祓えよ。四方全てに神はあり。

死の神、地の神、光の神と、ことばの神の四人の神々。全ては四人の神が

創りて、この世を始めに建てられし。地球の原理、宇宙の原理、全てを定めて、

この世を動かし、万事を整え、人に任せり。

人には神の動きを、代わりて担うる必要あれば、よく戒めて、勇み励めよ。

天の運行、自然の循環、生の流転の大本を、全ての因果を神は仕組みて、

後は任せて神は帰りぬ。よくぞ回りぬ、働きぬ。滞りなく、狂いなく。

偉大な奇跡と神秘の現れ。神の存在、疑いもなし。神の恩恵かくも深きを、

少しも認めず感謝せぬ、口先ばかりの無礼の者を神もようやく裁かんと、

心強めて決意せる。神の真に本意になけれど、時も迫れり、やむを得ぬ。

いずれ遺して益なしと、思えどなかなか決めかねる、神の情けの厚さ、深さよ。

 

 

 

なればこそなり。最期の時に、最期の機会を与えなん。かくも易しく、

狂いなく、神の心を顕せる、手紙を伝え、届けぬれば、後は一人の責ならん。

神を認めず、感謝せず、すべての功を人知に求むる。そもやむなきか。

当然か。人の歴史の何千年、神は姿を隠されたり。人の世界に現わるるなく、

神話民話にのみ現れ、人はいつしか存在を、疑い信じぬ心強めぬ。

敬虔なる者、信仰厚き者、神の慈愛を慕う者。かつての いにしえ、古代人らは、

神に畏敬をもちて敬い、崇め奉りて、斎き奉れり。神世の昔、神と人との

交流を、神が許して、行いし頃。人の心は謙虚で素直に、神を求めておりし頃。

神に捧げる歌に舞い、祈りと供物の盛んなる頃。神の心を歓ばせ、互の幸を、

祝いし頃。全ては儚き思い出なるか。還らぬ理想か。幻想か。神の傷める心も

癒され、やがてはさらに、今より高く、寛くなりなん。乗り越えん。

 

 

 

人にも幾多の懊悩苦悩、煩悩あれど、そに負けるなよ。心の支えを神に求めよ。

神のみ手に守らるる、姿を描けよ、心の奥に。神の示さる方向に、光を見つけよ、

消えぬ光を。真の光は衰えず、いずれ導き、連れゆかん、光輝く天の国。

神の光に包まれて、守られ生きよ、地上世界を。この世の命を全うせよと、

神は伝えん、最期の望みを。人への思いは尽きせぬ悩み、苦しみ悲しみの

素ならん。されども勝るが人への情け。人への愛の勝るればこそ、

神は迷いて決め難し。今の心を忘るなかれよ。 神の本心、心の弱さを、

全て見せなん、人へと預けん。神を救いて支えるも、神を苦しめ哀しますも、

全て人間、愛しき我が子。神の心を、残してゆけよ、次の世代へ、次の時代へ。

ますます厳しき世となる前に。さにて。

     

 



 

神の声を伝える人
ひふみともこ 著書 「神から人へ(下)」より抜粋 
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 「三輪の祈り(ひふみの祈り)」

http://kukurihime.blog.jp/

神から人へ 「今しか見えぬ、哀れな魂(たま)よ」

  

神から人。

神から人へ、伝え残せしことばの数々、思いの全てを、

今ようやくに、伝え下ろせり、書き残させて、

神の心も平らかなるを。今人に、告げて戻らん。

神から人へと、伝えておくべきことを終えなば。

神から人への思いの全てを、一つ一つを忘るなかれよ。

一語一語に思いを込めし、神の尊き御心を、

表し意味を伝えぬる、ことばの奥の神の神意よ。

人にはなかなか読み解けぬ、神の思いの奥の深さよ。

容易にわからぬ神の御心、真の願いと、思いの高さよ。

人にもわからぬ願いはあれど、人に伝えて後のため、

後に生まるる生命、魂、その導きと、標となるらん。

人には測れぬ神の御心。神の経綸、ご神策。

人間人知に解き明かさんと、一生かけれど、

一つも解き得ぬ、神秘の数々、奇跡の不思議よ。

尊き思いも、高き心も、清き願いもそのままに、

今こそ働け、神の御為。人には人の為し得ることが、

神にも為せぬ業(わざ)もあるなり。

 

 

人の病を癒さんと、薬用いて、医学にたのみ、

人体宇宙の根源を、汚し狂わし、乱し惑わす。

人の幼稚な学問宗教。人をますます愚か(おろか)に留め、

真の知恵から 遠ざけ迷わす。神の嘆きも むべならざるや。

せっかく賢く、清らかに、尊き魂与えたるに、

余計な猿知恵 悪知恵ばかり、増やして真理を離るる愚昧よ。

汚れぬ魂、心と肉体。それのみあらば、不足なく、

欠けたる不便も、不満も抱かず、生を生き抜き全うせんを。

無駄に知識や知恵増やし、真の真理や原理摂理を、

知らずに生きて老いゆくなかれ。

 

 

生きて甲斐あるみ役賜り、己の生業(なりわい)学業に、

専心一途に努めることの、いかに尊き恵みか知れよ。

人にも波あり、好不調。時には神の慈愛さえ、己の責任 

重荷に感じ、神から離れて逃れたし。なれど離れて、何も変わらず。

己のみ役も、霊行も。 なれば離れず、果たしゆけ。

神の願わる真の霊行。 真実真理に近づけよ。

遠回りすは、時の無駄なり。時も命も大切にせよ。

二度と巡らぬ一期限りの、神の恵みの生なれば。

今の命を全きまでに、使い果たせよ、燃焼し尽くせ。

 

 

全てを委ねて神に預けば、神は示さん、最適の道。

人が真の人生を、生まれて死ぬるの短き問に、

なすべき行を積めるよう、神は計りて仕組まるる。

仕組みに任せて流されて、なれど己の最善を、

尽くして生くる人生ならば、神の恵みもいや増さん。  

己の頑固な理想、妄想。囚われ、こだわり見失う。

真の理想の、神のみ役を。

現世の出世が、成功が、曇らし惑わす、価値判断。

あの世に戻らば魂一つ、裸の心のそれのみなるを。

いかに禊ぎ(みそぎ)て汚れを取るか、執着取るかの修行なり。

返りて迷妄深めゆかば、見えぬ修行は、厳しさ増さん。

 

 

神の心を開けよ、人よ。神の心の奥底にある、

人の至高の魂見えなん。汚れぬ尊き光に包まれ、

さらに自ら周囲を照らす。眩く明るく、目も眩むほど、

光は強く、波動も高し。神の御心そのままに、

人に恵みをもたらす光よ。さなる魂、心を持てよ。

神の心を代わりて表す、人の奇跡に、神を見付けよ。

 

 

今一度の神の闘い。

人の心の魂の奥に眠れる神を目覚ませ。

波動送りて、奇跡を起こさす、神の最期の賭けなれば、

人もこぞりて神を助けよ。

この世を救うか、壊滅さすか。苦悩の選択、後退ならぬ。

神の定める方角へ、矢よ飛んでゆけ、的を射よ。

狙いに迷い 狂いのなくば、神のつがえる矢はあやまたず、

必ず射なん、目標を。 なれど、神にも迷いあり。

多くの悲しみ、困難の、悩める年月、苦難も多かる。

悩み、苦しみ、自らに、決断しかねて、迎えし夜明けよ。

幾千、幾万、幾億の、年月、昼夜の繰り返し。

神の苦しみ悲しみも、同じ数だけ、積み重ね来る。

なれど明けざる、人の夜明けよ。混迷、混乱、狂騒、狂乱。

人の世界に幅を利かすは、理性道徳、秩序にあらず。

さらに増えなん、迷走、暴走。なれども夜明けに希望託さん。

日の出と共に、悪夢も醒めん。 人の無謀も妄動も、

やがて治まり、平静ならん。神の祈りもそれのみなるを。

人の回復、命の回生、神の力の復活を。待ちに待ちたる、

命の夜明け、地球人類、恒久の、神の世界の降臨を。

命栄えて、神を讃える、栄えある世界の始まりを。

神の願いを胸にしまえよ。必ず夢は現実に。

神の想いは夢想にあらず。神の想いのそのままに、

地上にいつかは顕るる、未来世界の予兆なり。

 

 

今生(こんじょう)世界の次元の低き、今しか見えぬ

哀れな魂よ。未来世界を知りたくば、神の心に占えよ。

神の心は今の地上の、自然破壊に、環境汚染、

天然資源の濫伐濫用。地球の病みぬる姿を見よや。

目にも明らか、疑い要らぬ。

轢死(ひんし)の地球の今こそが、人の未来の鏡ならずや。

軽く思うな、侮るなかれ。すでに始まり、矢は放たれんとす。

地雷を踏まぬ幸運占う、神仏頼みの生になく、

自ら地雷を減らさんと、己を挺して捧げる勇気を、

神は歓び、袮えなん。さなる未来の種人よ。

未来は照らさん、汝の道を。光を示して、導かん。

人の命の幸う世界へ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこ 著書 「神から人へ(下)」より抜粋 
ひふみともこさんHP
http://wa-hifumi.info/   

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/

 

巫女より◎人間とは・最後の審判・次元上昇とは◎



人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きる

この世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器を

お借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。

世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、

原因結果の法則で支配されていますので、言葉を大切にし、

素直に神に委ね、我と執着を取る事により、良き方向に

事が進みます。神経綸「最後の審判」と、次元上昇を越え、

新しい次元へ進む前に、1999年よりひふみともこさんに

神示が下ろされています。ひふみともこさんの4冊の本

「神から人へ(上・下)」 「神誥記」「続神誥記」とブログ

三輪山の巫女の「真理の御霊」のブログでも読むことが

出来ますので、言霊で宇宙を創った神様、神様の世界、

宇宙、地球、人類、言霊、真理、輪廻転生、人類を救う言霊

「いろは」「ひふみ」、最後の審判について学んでください。




 

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/