読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎天変地異・火と水の浄化について◎

神から人へ ◎天変地異・火と水の浄化について◎  

 

 

(天変地異・自然災害について)   


神から人へ、人から神へ。

大きな犠牲と傷跡残し、世界を狂わす自然災害。

その奥にある神のご意図は、全てが地球の浄化の

ためと、次なる世界の立て直しの、速やかにして

滞りなく、新たな御世へと移行するよう、

不要なるもの、無駄なもの、残るらば地球に危害を

もたらす、人の進化を妨げるもの、全てを破壊し

粉砕し、人の無力さ卑小さを、自ら悟り身を正し、

神の世界の偉大さに、素直に謙虚に分をわきまえて、

己の身丈に合うだけの、不足も過剰も無きほどの、

適量、適度を頂くがよし。

 

 



今の人類、全ての者が、己の勝手やわがままにて、

余りても尚奪い合う。人への警告 繰り返せども、

気付かぬままに踏み外す。

道を間違え、道に迷い、行き先すらも見失う。

行き先もなく風に任せ、空に漂う地球の如し。

今の人類、迷える御魂に、行き先与え、進路を示し、

線路を引きて導くは、政治・宗教・教育になし。

全てが互いに堕落せる、今の世界に希望は見えず。

なれど一部の心ある、誠の道を求める者が次なる

世界に誘う(いざなう)標(しるべ)。

過去の宗派に捉われず、瑣末な教派教団を越え、

互いの協力、絆を強め、手を携えて、前に進めよ。

今の地球に退路なし。あるは前に進むのみ。

遥か前方、道の彼方に、神の迎える世界を

見つけよ。なればそれまで長き道のり、苦労の

絶えぬ道なれど、今の縁ある一人一人、

己の使命を充分に、よくぞ果たして役目を終えよ。

神は地上の全人類に、地球の次元上昇のため、

一人の漏れもなきまでに、それぞれ役を分け与え

たり。一人一人はそに気付き、気付きし者は集い

集まり、己のみ役を働き始めり。

 
 

 


今の地上の災害事故も、全ては人が己の役を、気付き

目覚める機会とならん。他人の不幸も他人事ならず。

全てが己にゆかりある、明日は我が身のことと知れ。

血で血を洗う他国の戦い。飢えや寒さや病に倒れる、

海の彼方に苦しむ人々。

遠くに見ゆとも遠くになし。未来の己を映す鏡よ。

なれば人は共に考え、共に悲しみ、共に泣き、

己の世界を、広げ深めよ。 己の狭き考え、価値観、

浅き経験、知恵を越え、広く豊かな視野に立ち、

地上の明日に心を開けよ。

地上世界の明日を担う、尊き人類一人一人。

一人の目覚めが一人を救い、目覚めは広がり、

地球を救わん。

 

  


神の世界を立てるため、目覚めし者はさらに集まり、

力は強まり、早まりて、地上を巻き込み、一歩を

進めん。信じ、迷わず、疑いを捨て、己の役に

邁進すべし。疑心は時間の無駄のみになく、返りて

逆の力となるもの。

日々に祈りの思いを高め、縁の広がり、時の流れを、

心に感じ、確かめよ。神の導き、神のご加護を、

一瞬たりとも忘れるなかれ。共におわする神に感謝を。

 



(火の働き、水の働き、またその意味について)
   
火というは、神の光を集めて燃やし、

汚れ(けがれ)を祓う力のあるもの。なれば、

火の働きはこの世の汚れを燃やし、浄め(きよめ)

ゆくものならん。水というは、その浄められし後の

世を、流し浄めてゆくものなり。なれば、火は

汚れを祓い、水は汚れを流して禊ぎ(みそぎ)ぬ。

火と水は、対照、相反するものに思われぬれど、

真はさならず、正しからず。どちらも同じ、

素粒子にて、同じ構造、組み合わせ。なれど、その

素粒子の動きの速さと、その回転してゆく軸の

大きさ、広さによりて、熱の高さも、形も色も

異なりおるもの。

なれば、この世の汚れの強きときには、粒子は

速く回転し、この世の汚れを燃やさんとする。

なれど、汚れが燃やされて、祓われし後の、

灰燼は、水の流れに流さるるべく、粒子の動きも

穏やかなるらん。火にて汚れを燃やさぬれば、

汚れは地上を灰にて覆わん。灰は汚れの後の姿にて、

容易に流され、消えてゆきなん。なれば、粒子の

動きも遅く、穏やかに回り、小さく巡らん。

火と水はこの世の根本、大本、始めなり。

初めに神は地上を焼きて、汚れを祓い水にて流し、

さにてこの世は禊がれき。

 

 


その後、神はこの世に生命、自然、資源を作りて

ゆかれぬ。そして、人をも作られて、人には人の

働きを与え、動物植物、自然にも、それぞれ別の

働きを与えき。

なれど、人には特別なる、能力、ことばを与え

分けられ、さらに高度の文明作り、物質豊かに

発達させんと、文字も数字も教えしものなり。

さにて人は、文明を作りて、この世に文明を、

科学や医学を発達させり。

火と水、そもまた、文明の始めとなるらん。

礎(いしずえ)なるらん。火にて動力、燃料作り、

水にて、農業、食料増やしぬ。

さにて人は賢くも、文明文化を手に入れぬるを。

神は他の生命には、ただに水のみ許されぬれば、

他の動物植物は、水の恵をのみ得なん。なれど

火には汚れの素も、汚れも増やす働きあるらん。

物の燃えし、その後に、残る汚れは、自然を汚し、

ときに環境、体系壊さん。





火の文明は、力も強く、人の力を超えぬれば、

独り文明、物質のみが、さらに汚れを増やしぬる。

水の浄めも間に合わぬ程、汚れは広がり地上を

覆わん。今、この地上を浄めんためには、

清き水のみ必要なるらん。水の力をさらに高めて、

汚れし大地を洗い流さん。なれど水にも限界有り。

水は、物質、物体なれば、心の汚れは浄め得ぬを。

人の魂の奥に潜める、病める心は、水にもなせぬ

浄めが要らん。さにて汚れはことばにて、浄めて

ゆかねばならぬときなり。なればこそ、火の文明も、

水の浄めも、それのみにては不足不備。どちらも

大切補い合いて、ようやく地上は保たれなん。

なれどさらにも、求めらるるは、人の汚れの浄化、

禊ぎよ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/