読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎異次元・宇宙人・地球人について◎

 

 

神から人へ。

神から人へ、人から神へ。互いの交信交流、

やがてはひとつの渦となり、波動となりて広がり

ゆかん。全人類の救済、昇華(しょうげ)。

そを待ち見守る神の御心。伝えてくれよ。

神の心の苦しさ、切なさ。悲しみ、喜び、

光と影と。

神の心を伝える者は、今ようやくに成長も遂げ、

次なるみ役を賜るように、仕組み働き、移りて

ゆかん。感謝し賜れ、み役の霊行。

次なるみ役に備え高めよ。

さにて本日、問いを問えよ。

 

 

 

(宇宙人と地球人についてお教えください。)

さてもくだらぬ、詰まらぬ問いなり。さなる

違いは明白ならずや。神と人とも違いも明らか。

宇宙人とはあの世に生きて、地球を見守る者を

言うなり。なれば神ともいうなれど、

宇宙にあるも一つの比喩なり。

この世と次元の異なれば、地球を覆う宇宙なれど、

地球と近き星とも言うなり。なれど、宇宙に、

空に輝く、目に見ゆ星にはあらざれば、

人の考え想像にある、宇宙人とは異なるを知れ。

 

 

 

宇宙人とは神にあらねば、神と異なり神に仕えて、

神の働き代わりて行う、次元の高き霊体なり。

なれどこの世に送られて、地球の乱れを正すため、

神に使われ、仕えるもあり。

神の命令、法則に沿い、神のことばを素直に躇し、

自ら励みて、神と人とを結ぶみ役もその一つなり。

なれば多くの宇宙人たち、人と変わらぬ姿なれど、

魂見れば、すぐにも分からん。

神には明らか、明白なれば、神も通信 送りて

伝えん。

 

 

 

(宇宙人も魂を持っているのですか)

さなり。

なれども人と異なるは、元の魂、始めの魂。

もともと宇宙の作られしとき、はじめに神の作り

たれば、今の人よりさらにも古く、最も始めに

作られし魂。今の人類新しく、神の最後に作りし

魂なり。なれば導く神々たちも、人に任せて、

見守りおるなり。

 

 

 

(それは何故でしょうか)

なぜとあらば、神にも分からぬ事象も起こり、

人の執着、迷妄も、神の予期せぬ強さ深さよ。

神にも分からぬことなれど、そもまた一つの

神仕組み。神とは見守り、預けるものなれ、

ただいたずらに介入するは、

神の好まぬことなれば、神は全てを人に任せ、

仕組みに任せ、見守りておる。神の定める法則

なれば、他の精霊はそに従いて、人を導き、

救い働く。

 

 

 

(神様が定められた法則や原理に従って、

神様のお手伝いをなさり、人に直接働きかけて

いらっしゃるのですか。)

さなり。

なれど仕組みはあの世にあらば、狂うことなく

伝わり起こらん。なれど現界、地上世界は、

物質世界の低次にあれば、なかなか仕組みも

正しく起こらず。はたまた精霊、様々なれば、

時に乱れや狂いも生じん。

さらに人へと働くときには、さらに狂いて

伝わりなんを。なれどそもまた正されゆかん。

人の努力の実りてゆかん。神は精霊、

守護霊使い、人を救いて、拾わんとさる。

 

 

 

(宇宙人とは、守護神様、守護霊様なのですか。

人を導きこの世を正すことの他には何をなさって

いるのですか)

全ては神の御心にあり。

神のなされることなれば、現界、次元と異なる

世界。なればあの世に何をして、何をなすため

作られしか、そもまた分からぬ、人の目には。

なれど神の下に仕えて、それらの世界を生きて

おるなり。やはり修行し、魂磨き、宇宙を動かす

一部にあれば。 

さにて本日、遠き世界に、この世と異なる

次元世界に、住める魂あることを、そのみ覚えて、

忘るなかれよ。

神の作りし宇宙とは、人の目に見ゆ世界にあらず。

星や太陽そのみにあらず。

次元の異なる、遠くて近くて遠き、あの世とこの世。

 

 

 

(宇宙人の住まれるあの世とは、霊界のことで

しょうか)

さにあらず。霊界神界、そもまた異なる。

神のおられる世界は神界。霊の修行の場所は霊界。

霊界、現界、次元の続く、最も近き界なれど、

人の死にし後にゆくが、幽界、霊界、魂帰らん。

なれど、宇宙の次元には、この世と異なる次元も

あれば、人の死後に帰るになく、人の魂、

行くに適わず。

神の世界に近きにあれば、人の魂の昇華して、

登りて近付くものもあるらん。なれど次元は

続いておらず、人の魂、昇華しても、入るは難し、

許されざるを。次元の異なる、断絶あれば、

神から人へは移るも可なれど、逆の移動は

不可能にあり。それと同じく、宇宙からも、

高き次元にある者が、低き次元に移るはあれど、

この世にありてあの世に帰り、さらに宇宙の

星の世界に、移るは能わず、許されるなし。

 

 

 

宇宙の世界もさまざまに、小さき宇宙の集まりて、

互いに助けて働くなれば、全てが調和し神を助ける、

宇宙の繁栄、そを折れよ。

地球も一つの星にあり、これから後にも修行を

越えて、さらに次元を高めるべけれ。

なれば宇宙の星々からも、そを助けんと魂たちが、

人の魂預かりて、神の手伝い行いおるなり。

元の魂備えるなれば、神と通信交信可能の、

尊き御霊と伝えられおる。

さにて本日 宇宙人、地球人との違いを教えき。

この先疑問も尽きざれども、本日の答えを終える

べし。明日にも問えよ、改めて。さにて。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/